スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その1

モ813・814は台車をビス止めするために必要な3.2mmプラパイプが手持ちでないので、仕入れるまでの少しの間ひと休みです。

模型とは関係ない話。
22日に岐阜県のウィングヒルズ白鳥という所へ行き、スノーボードデビューしてきました。
7時前にJR岐阜駅を出発し、東海北陸道を使って8時過ぎに到着。
IMG_3392.jpg
↑駐車場近くの雪の積もり具合
9時頃からリフト終了の16時半頃までの7時間程みっちり遊んできました。
ネットで滑り方を予習したことだし、まぁ滑れるだろうと高を括っていましたが・・・。
まず立つことが出来ない!
まともに立てるようになるのに午前中のほとんどの時間を使ってしまうことに。(この時点でお尻・手首は悲鳴を上げてます)
最終的にはまぁまぁ滑れるようになったんですが、7時間で滑ったと言えるのは3時間あるかないか・・。
当然翌日は全身筋肉痛。
未だに腕の筋肉痛は治っておらず、お尻の痛みが引くにはまだ時間がかかりそうです。


さてさて、プラパイプを購入するまで別の事をしようと思います。
今回のお題は、

IMG_3475.jpg
瀬戸線仕様の3770系。
瀬戸線転属後にロングシート化されてますが、今回は転属直後のオール転換クロスシート車にしようと思います。
せっかくの3770系なんだからロングシートじゃ面白くない。
ちなみにモ832+ク2502以来のオークション用です。

IMG_3449.jpg
タネ車は鉄道コレクションの豊橋鉄道1750形。
塗装は既にIPAで落とし、ライト類は取り外してあります。(この状態の車体がいくつあることか・・・)
3月に3730系が発売予定ですが気にしない!

IMG_3451.jpg
最初はヘッドライトから。

IMG_3455.jpg
まずは2.5mmで鉛直方向にグリグリ。

IMG_3458.jpg
3700系と同じくらいの高さになるまでグリグリと。

IMG_3461.jpg
そして水平方向にグリグリ。

IMG_3465.jpg
穴が開きました。

IMG_3463.jpg
裏から見るとこんな感じです。

IMG_3448.jpg
ヘッドライトはプラストラクトの2.4mmプラパイプで。

IMG_3468.jpg
このままじゃ奥までハマらないので、

IMG_3472.jpg
先端をこのようにカットし、2.5mmで開けた穴もヤスリで調整すると

IMG_3474.jpg
上手くハマるようになります。

IMG_3366.jpg
パイプを適度な長さにカットして、隙間をパテ埋めし割り箸やすりで形を整えたのがこちら。

IMG_3370.jpg
次に手すり・サボ受け類の取り付け穴を開けます。
写真は0.5mmですが、その他は0.3mmで穴開け。
0.5mm穴にはレボリューションファクトリーの241「横型2列割ピン」を取り付け。

IMG_3378.jpg
前照灯は銀河のN-057「2灯式シールドビーム」の裏側を使用。
瞬間接着剤で取り付けた後、隙間をパテ埋めしヤスリで整えてます。

IMG_3396.jpg
瀬戸線仕様3770系の特徴といえば、何といっても前面幌ですよね。
グリーンマックス61-1「貫通幌(客車・旧国用)」を使います。
が、渡り板は不要なので削除。

IMG_3398.jpg
幌取り付け穴として貫通扉上に1mm穴を開けます。

IMG_3400.jpg
雰囲気としてはこんな感じ。
取り付けは塗装後。
ちなみに、幌の長さの関係上アンチクライマーは撤去してあります。

IMG_3403.jpg
種別板を取り付ける時の嫌なこと。
行き先サボは2箇所の穴で済むものの、種別板は5箇所もあるため穴の位置関係を決めるのが非常に面倒!
もう少し減らして欲しいなぁ・・・。

IMG_3432.jpg
手すり類はクロスポイントの「7700・7300系用エッチングパーツ」や0.2mm真鍮線で。
行き先サボはお馴染みトレジャータウンのを。
渡り板・吊りバネ取り付けのフックは0.3mmプラ板で。

IMG_3445.jpg
幌を外すとこんな感じです。

IMG_3446.jpg
当初はつり幌の

IMG_3447.jpg
吊りバネも再現しようと、

IMG_3436.jpg
0.2mm真鍮線・0.5mmプラ丸棒で試みましたが、「丸棒に穴が開けられない」・「オーバースケールになる」を理由に断念。
どっかメーカーから吊りバネパーツなんかは出てないのかな・・・?

IMG_3443.jpg
妻板の手すりも

IMG_3405.jpg
0.5mm穴を開けて、

IMG_3440.jpg
レボリューションファクトリーの241「横型2列割ピン」を取り付け。

これで、車体の加工は一応終わり。
屋根上配管をしようと3700系の屋根と比べると、

IMG_3422.jpg
あ・・・。
そっかぁ・・・パンタの位置違うんかぁ・・。

おまけに

IMG_3424.jpg
ベンチレーターの配置間隔も違うのね・・・。
ってことは、この屋根全く使えんね!
どうしよう・・・ベンチレーター・ランボード類を全て撤去して、アルナインの3730系用ベンチレーターに取り換えるか?


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その2

屋根上はアルナインのベンチレーターパーツ化か鉄コレ3700系の屋根流用か迷ったんですが、


IMG_3478.jpg
結局、鉄コレ3700系の屋根を流用することに。(IPAで塗装剥がし済み)
当然こっちの方が楽だし、コストダウンにもなるので。
ただここで流用する分、自分用の3700系を作る時はアルナインのパーツを使わなければならない訳で・・・。

IMG_3480.jpg
パンタ周り。
足りない箇所もありますが、まぁほぼ合ってます。
配管ではそいつも補っていきましょう。

IMG_3483.jpg
割ピンを入れる0.3mm穴を開けつつデザインナイフで削り、ヤスリで平らに。
避雷器は0.5mm穴を開けるために外してあります。

IMG_3485.jpg
0.3mm真鍮線でとりあえずここまでやりました。

と、先ほどいったん外した避雷器を元に戻そうとピンセットで挟んだら・・・
ッピン!
と音を立ててどっか彼方へ~・・・。
右の方で着地した音は聞こえたんですが、いくら探しても見つからず・・・。
とほほ・・・な気分です。
こういうのって完成した後に見つかったりするんですよねぇ。
もう消えてなくなったものは仕方がないので、

IMG_3488.jpg
7700系キット付属の避雷器で代用します。
大きさ・形的にも実際はこっちの方が実車に近いんですがね。

IMG_3491.jpg
0.5mm穴を開ける。

IMG_3493.jpg
足の長さが足りないので0.3mm真鍮線で補う。

IMG_3518.jpg
実車にはこのように台座があるようなので、

IMG_3495.jpg
0.3mmプラ板で台座を取り付け。

IMG_3498.jpg
避雷器取り付け後に配管。

IMG_3501.jpg
最後に足りない箇所を補って配管完了。

IMG_3504.jpg
避雷器周りはこんな感じです。
いやぁ~配管は上手くいかないとストレス溜まります・・。

IMG_3509.jpg
別角度から。
今回ランボードは別パーツ化せずそのままにしました。

IMG_3506.jpg
屋根上はこのように製造時の跡があるので、

IMG_3511.jpg
溶きパテを塗って1日乾燥~


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その3

先日、大須のクロスポイントパーツショップへ行き、足りなくなったパーツを調達してきました。
さらに名駅の東急ハンズも寄って3.2mmプラパイプを購入。
ただ、一番必要だったレボリューションファクトリーの241「横型割ピン0.2mm用ピッチ狭い」が在庫切れでちょっとショック。
どっか別の店で買ってこないとヤバい・・。
ちなみにクロスポイントのパーツショップだと、

IMG_3611.jpg
こんなものも分売されてるんですね。
といっても単にグリーンマックスの61-1「貫通幌(客車・旧国用)」をグレーにしただけですが。
ただ、塗装の手間が省けるので以後の旧型車はこちらを使いたいと思います。


前回は、

IMG_3511.jpg
屋根に溶きパテを塗った所で終わったので、

IMG_3610.jpg
600番→1000番の順でヤスリがけ。
写真で見る限りは溶きパテ塗る前の状態とほとんど変わってない気が・・。

さてさて次は床板~

IMG_3411.jpg
鉄コレのものを流用しますが、ウエイトがないためこのままでは非常に軽くなってしまいます。
そこで、

IMG_3416.jpg
ウエイト置くのに邪魔なものはカット。

IMG_3417.jpg
裏にゴム系接着剤塗って、

IMG_3418.jpg
接着!
1両で2両分のウエイトを使ったので多少重めですが。

IMG_3421.jpg
そういえば、鉄コレのダミー連結器って一応連結可能なんですね。
言うまでもなくカーブはNGですが。

IMG_3477.jpg
続いて、床板張るのでノギスでウエイトの高さ測って、

IMG_3515.jpg
0.2mmと1mmプラ板で高さを調整。

IMG_3516.jpg
こんな感じで床板張ります。
※接着は後です。

IMG_3520.jpg
台車はグリーンマックスのものにそのまま交換で済ませようと思ったのですが、

IMG_3524.jpg
写真では分かりませんが、キツキツで台車がスムーズに回らない・・・。
これじゃいかんので、台車はネジ止めできるように加工します。

IMG_3529.jpg
まずは台車の取り付け枠をガリガリ。

IMG_3532.jpg
無くします。

IMG_3534.jpg
反対側から。
ここに3.2mmプラパイプを差し込むのですが、この円の直径が4mm程あるので、

IMG_3536.jpg
上から1mmプラ板で穴を塞ぐ。

IMG_3546.jpg
そして3.2mm弱に穴開け。(当然3.2mm穴では3.2mmプラパイプは差し込めないので若干大きめに)

IMG_3550.jpg
4mm程にカットしたプラパイプの内径を2.4mmに拡大し、

IMG_3556.jpg
削って無くした台車取り付け枠と同じ高さになるように接着。

IMG_3589.jpg
反対側からはタミヤセメントをたっぷり流し込んでしっかり固定!
これで加工完了。

IMG_3572.jpg
ネジは直径2.6mmのものを使用。
長さはもう少し長めのものでもよかった気はします。

IMG_3568.jpg
台車をあてて、

IMG_3571.jpg
ネジで止めると、

IMG_3566.jpg
はいできた!

IMG_3564.jpg
動力と比較。
高さはバッチリです。

とここで、今回は初の試みを。

IMG_3577.jpg
排障器を取り付けます。
これ、6個入りと書いてあるんですが実際は

IMG_3579.jpg
どう数えても7個入りです。
まぁ何となく得した気分なのでいいです。

IMG_3574.jpg
カット。

IMG_3576.jpg
バネの取り付け突起だけ残してカットします。

IMG_3586.jpg
説明書見ながらパーツを折り曲げて瞬間接着剤で取り付け。

続いてカプラーの取り付け。

IMG_3583.jpg
このままでは車体と段差があるので、

IMG_3584.jpg
0.2mmと1mmプラ板を重ねたものを接着。

IMG_3596.jpg
上手く車体にハマるように余分な部分はカット。

IMG_3598.jpg
端から4.5mmの位置で1mm穴を開け、

IMG_3601.jpg
いつものようにタヴァサパーツを使ってビス止め。

IMG_3604.jpg
連結間隔・高さOK。
排障器が意外と良い雰囲気出してると思いませんか?

IMG_3592.jpg
もうここまでこれば床板も接着しちゃいます。

IMG_3607.jpg
さぁ~だいぶ進んできました。

次回は内装です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その4

さぁ~最も面倒で時間のかかる内装にやってきました・・。
イス作りは無駄に時間を要するので嫌いです。
とは言え、内装をやらないと気が済まないのも事実です・・。
そこで、
前の買い物の際に

IMG_3590.jpg
品切れだったキングスホビーの「転換クロスシート」を買ってきました。
これで地獄のイス作りから開放される~。

IMG_3593.jpg
早速高さに問題がないかを確認します。
車体をはめて~

IMG_3595.jpg
・・・。
肘掛けがこんにちは状態。
こりゃ使えんなぁ・・。
リトルジャパンの床板なら使えるんですが。
グリーンマックスのウエイトはリトルジャパンのものと比べて高さが倍ほどあるので、その分床板が高くなってしまったんでしょう。

仕方ないので作ります・・・。
3770系のイスは、

IMG_3672.jpg
私鉄電車ガイドブックを見ると

IMG_3674.jpg
転換クロスシート18脚、1人掛けシート4脚。
ということで、今回は2両分の転換クロスシートを36脚、1人掛けイスを8脚作ります。

IMG_3615.jpg
腰かけ部分は1mmプラ板、背もたれ部分は0.5mmプラ板でそれぞれ4mm幅と3.5mm幅にカット。
※鉄コレの床板はリトルジャパンと比べて若干幅が狭いので、イスも「モ832+ク2502」を組んだ時より若干小さめに作ります。

IMG_3616.jpg
さらにそれぞれ2.5mmと4mmでカット。

IMG_3617.jpg
ヤスリで各辺と隅のRを出したらタミヤセメントで接着。

IMG_3623.jpg
肘掛けはライターで炙った0.3mm真鍮線を曲げます。
これがまた面倒で・・。
2~3個ならまだ良いんですが、今回作ったのは予備も含めて50個ほど。

IMG_3627.jpg
それを瞬間接着剤で固定します。

IMG_3633.jpg
1人掛けシートは転換クロスシートのハーフサイズで。

IMG_3636.jpg
やっと出来た・・。
転換クロスシートと1人掛けシートの計44個。

イスを設置する前に

IMG_3692.jpg
運転席仕切り板を。
画像は3730系ですが、まぁ変わらないのでこれを参考に。

IMG_3640.jpg
0.3mmプラ板に罫書き。

IMG_3643.jpg
四隅を0.7mm穴で開けることでドア窓のRを出します。

IMG_3646.jpg
デザインナイフで切りだしました。
上3枚・下3枚でそれぞれ1つずつ仕切り板ができるという感じです。

IMG_3649.jpg
タミヤセメントで接着。

IMG_3653.jpg
このまま接着しても強度に問題がありそうなので0.5mm穴を開けて、

IMG_3656.jpg
0.4mm真鍮線を取り付け。

IMG_3659.jpg
0.5mmの取り付け穴を開けて、

IMG_3665.jpg
瞬間接着剤で固定!
これで強度に問題はないでしょう。

IMG_3668.jpg
窓枠の位置が分かるように印付けて、

IMG_3674.jpg
また私鉄電車ガイドブックで窓枠とイスの位置を確認しながら、

IMG_3671.jpg
タミヤセメントで接着していく。

IMG_3681.jpg
取り付けました。

IMG_3683.jpg
両車端部。

IMG_3686.jpg
扉間シート。

IMG_3691.jpg
あれ・・・?
何このシワみたいなの。
いや何もこの上に落とした覚えはないんだけど・・。
あ・・・もしやタミヤセメント!?
あれってプラを溶かして接着するという接着剤なので、もしやその影響かも。
詳細は不明ですが、ちょっとこれは直しようがないのでこのままで・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その5

8月発売予定のマイクロエース新製品が発表されましたが、近鉄23000系が少し気になったりしてます。
近鉄にはあまり縁がなくそれほど興味はないのですが、23000系のデザインには惹かれるものがあります。
予約を検討中・・・。


さて3770系ですが、鉄コレ3730系の発売までに完成させようと思っていましたがどうやら無理ですね。
遅くとも来週中には完成させます。
前回に引き続き、運転台を作っていきます。

IMG_3676.jpg
私鉄電車のアルバム3Bに、

IMG_3679.jpg
3770系の車内と運転台が載ってます。

IMG_3689.jpg
運転台拡大。

IMG_3725.jpg
こちらの正面からの写真も参考にして、

IMG_3704.jpg
1mmプラ板と0.2mm真鍮線で作ります。

IMG_3711.jpg
運転台接着前に0.2mmプラ板で運転席を。

IMG_3713.jpg
運転席仕切り板同様、このまま接着では強度が不安のため底に0.5mm穴開けして、

IMG_3715.jpg
0.4mm真鍮線を挿す。

IMG_3718.jpg
そして設置位置に0.5mm穴を開けて、

IMG_3722.jpg
仮置き。
若干オーバースケール気味ですが、まぁいいでしょう。
接着は塗装後に行います。

続いて連結器周り。
普段ジャンパ栓は、銀河N-033「ジャンパー栓」を使ってますが、

IMG_3738.jpg
今回は銀河N-031「ジャンパー栓」も使用します。

IMG_3737.jpg
以前、エアーホースは真鍮線とパテで作ってましたが、面倒なので銀河N-070「エアーホース」で。

IMG_3732.jpg
0.5mmプラ板などでパーツ取り付け台を設置。

IMG_3736.jpg
開放テコなどは0.2mm真鍮線で。

IMG_3750.jpg
接着しました。
開放テコはカプラーの振れの関係上、実車と形が若干異なります。

IMG_3752.jpg
モ3770連結器周り。

IMG_3754.jpg
ク2770連結器周り。

IMG_3756.jpg
モ3770右側連結器周り。
今回はここで銀河のN-031「ジャンパー栓」を使用。

IMG_3758.jpg
モ3770左側連結器周り。

IMG_3760.jpg
ク2770左側連結器周り。

妻板側の連結器はいつも通りKATOの11-704「密連形A」にしようと思ったんですが、連結間隔が非常に狭くなってしまったため、

IMG_3743.jpg
今回はマウント式のTOMIXの0336「密連形」にします。
鉄コレ改造車の妻板側連結器は今後これを使うことになりそうです。

IMG_3739.jpg
TNカプラーに対応した爪があるので取り付けは楽。

IMG_3746.jpg
名鉄旧型車の連結面間隔を考えれば、もう少し間隔が開いて欲しいというのが正直な気持ち。
これで幌取り付けられるかな?
無理そうなら幌は無しでいきます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その6

さぁー続きです。

実車のドアには、
IMG_3768.jpg
このようにドアレールが付いてます。
リトルジャパン・GMなどキット等はこのドアレールまで一応再現されてますが、残念ながら鉄コレシリーズはここまでは手が回らなかったようで。
省略してもよかったのですが、やはりドアレールがあると良いアクセントになるので取り付けましょう。

IMG_3761.jpg
ということで、プラストラクトの0.3mm×0.3mmのプラ棒を用意。

IMG_3764.jpg
それを4.5mmにカット。

IMG_3766.jpg
鉛筆で位置を書き込んでおいて、タミヤセメントで接着。

IMG_3771.jpg
ドアレールの有無で印象が大きく!とまではいきませんが、多少は変わると思いませんか?

IMG_3775.jpg
続いてパンタの鍵外し線を。
火で炙った0.2mmの真鍮線をピンセットの先の部分に巻きつけるようにして円形にしてます。

IMG_3780.jpg
鍵外し線の台座は0.2mmプラ板に0.3mm穴を開けたものとボナのP-007「配管止めセット」に付属の割ピンで。

IMG_3782.jpg
接着は塗装後にしますが、雰囲気を味わいたかったので通してみました。
ん・・・0.2mm真鍮線ではちょっと太いかな?
結局こいつはボツにして、鍵外し線はクロスポイント7700・7300系エッチングパーツに付属のものを使用します。
0.2mmより小さい真鍮線って販売されてたかなぁ・・?
鍵外し線用に使うだけなので、別に真鍮線にこだわる必要はないんですが。


続いて乗務員ステップを取り付けますが、資料を見ていたところ、

IMG_3789.jpg
こちらAL車のステップ。

IMG_3788.jpg
一方こちらはHL車のステップ。(実は写真はモ3561のため実際にはHL車ではないのですが、車体はHL車同様ということと、一番見やすい写真がこれだったということで採用)
明らかにHL車の方が長いです。

ということで、いつもは銀河のN-028「乗務員ステップ」を使用していましたが、

IMG_3783.jpg
今回は銀河のN-099「乗務員ステップ」を使用します。

IMG_3793.jpg
使い方違うんですがここでカット。

IMG_3795.jpg
0.5mm穴を開けて、

IMG_3798.jpg
瞬間接着剤で取り付け。
もう少し長めでも良いような気はします。

IMG_3815.jpg
これで車体・内装・床下の加工が全て完了しました。
ガラスパーツはワイパーの撤去・妻板側ガラスの塩ビ化が残ってますが。

IMG_3819.jpg
屋根の穴からこんな感じで車内が見えます。

IMG_3821.jpg
妻面。
密連形TNカプラーは塗装せず、黒のままでいきます。

IMG_3822.jpg
屋根。

IMG_3823.jpg
側面。
クドイですが、ドアレールが意外と良い味出してると思いませんか?(笑)
ちなみに今回は床下機器の加工は行いませんでした。
やるとなるとエライことになります。(汗)

次回から塗装です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その7

塗装していきましょー。

と、その前に下地処理。

IMG_3824.jpg
中性洗剤で脂分を落とします。

IMG_3825.jpg
キレイになりました。

IMG_3830.jpg
ドライヤーを使って乾燥させます。

IMG_3827.jpg
おっと。
肘掛けが洗浄中にどっか飛んで行ったようです。

IMG_3829.jpg
予備があったのですぐに瞬間接着剤で取り付け。

IMG_3871.jpg
使用する予定の塗料はコレ。
クロスポイント 101 スカーレット: 車体・イス・運転席
クレオス 13 ニュートラルグレー: 屋根
クレオス 35 明灰白色1: ベンチレーター・配管・ランボード・床下機器・台車・内装床・シールドビーム
クレオス 20 ライトブルー: 内装壁(車体)・運転席仕切り板・貫通扉・運転台
クレオス 1 ホワイト: イスカバー
クレオス 211 クロムシルバー: サッシ・イス(肘掛け)

あ・・・エアーホース塗装に使うクレオスの黒を忘れてました。
他に忘れている塗料があるかも。


IMG_3831.jpg
まずはサーフェイサーで下地処理。
クレオスのMr.ベースホワイト1000使用。

IMG_3854.jpg
運転席仕切り板と

IMG_3845.jpg
運転台と

IMG_3852.jpg
内装壁(車体)と貫通扉をクレオスのライトブルーで塗装。
ん・・実際はもっと濃いブルーなのですが。
写真では色が上手く伝わりません・・。

IMG_3832.jpg
屋根と台車をクレオスのニュートラルグレーで塗装。

IMG_3835.jpg
まぁまぁ綺麗に塗れました。

IMG_3839.jpg
乾燥したらマスキングしていきます。

IMG_3841.jpg
切っては貼り・・・

IMG_3842.jpg
切っては貼る。
ク2770の屋根はまだ楽です。

IMG_3844.jpg
モ3770はランボード周りが大変・・。

IMG_3853.jpg
マスキングゾルも使います。

IMG_3849.jpg
屋根のマスキング完了。
これで2時間・・・。

IMG_3847.jpg
運転席仕切り板もマスキング。

IMG_3856.jpg
ベンチレーター・内装床・台車をクレオスの明灰白色1で塗装。

IMG_3857.jpg
マスキングテープを剥がしました。
ちなみに今回もウェザリングするかどうかはまだ決めてません。

IMG_3858.jpg
内装床。

IMG_3859.jpg
床下機器類。


次回はイス・車体などの塗装を予定してます。
今からまたマスキングかぁ・・・。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その8

部屋の隣りにはベランダがあり、塗装はいつもそこで行っています。
そのベランダの上には10年ほど前からツバメの巣があり、毎年ここから多くのヒナが巣立って行きます。
そして今年もその季節がやってきました。

IMG_3915.jpg
本日、塗装中に飛んできました。
塗装中での出来事のため、ツバメの下には当然撮影者の自分がいます。
窓越しで撮った写真ではありません。
一眼レフの望遠で撮った写真でもありません。
ごくふつーのコンデジで撮ったものです。
人間とツバメとの距離は2m弱。
そもそもツバメは人間が近くにいる場所に巣を作るため、人間に対する警戒心は他の鳥よりも低いのかもしれませんが、これほど近くでも逃げないツバメはそうはいないのではないでしょうか。
とは言え、野生の鳥ですから全くの無警戒ではなく、チラチラこちらの様子をうかがっているのですが、その姿を見るのは面白いですよ。

IMG_3914.jpg
長年近くでツバメを見てますが、未だにオス・メスの区別が分かりません。(汗)

そんなツバメと今年も場所を共有しながら塗装していきます。


IMG_3863.jpg
貫通扉をマスキングしました。

IMG_3867.jpg
内側も塗料が入り込まないようにしっかりマスキング。

IMG_3864.jpg
イスを車体と同じ色で塗るので同時にマスキングしていきます。

IMG_3866.jpg
マスキングテープでは不安な所はゾルを用いて完了。

IMG_3868.jpg
クロスポイントから名鉄用として発売されているスカーレット。
以前は西武レッドを用いるのが一般的でしたが、名鉄のスカーレットとは色合いが微妙に異なることからモンザレッドやスーパーイタリアンレッドなどを足して名鉄色を作ってました。

IMG_3872.jpg
1回で一気に吹き付けるのではなく何回も分けて吹きます。

IMG_3873.jpg
光の加減(?)でいかにも派手な赤色に見えますが、実際はもっと暗めです・・。
下地がねずみ色だったこともあり、車体と比べると若干暗めの赤です。(それが狙いだったんですが。)

IMG_3877.jpg
次にこのイスのカバー。

IMG_3883.jpg
マスキングテープを細く切って、

IMG_3886.jpg
このように貼り、あとはゾルに任せようと塗り始めたのですが、

IMG_3892.jpg
こりゃちょっといかんなぁ・・。
完全にイスを保護するのに結構な量のゾルが必要だし、あんまり複雑な所にゾルを流すと剥がすのが大変になるのでこの方法は止め。
乾燥後、このゾルは剥がしました。

で、結局はマスキングテープを頼ることに。

IMG_3896.jpg
ペタペタと。

IMG_3895.jpg
できました。

IMG_3917.jpg
そしてクレオスの白を吹き付ける。

IMG_3899.jpg
配管・避雷器などは、

IMG_3902.jpg
クレオスの明灰白色に筆ムラ防止などの効果があるクレオスのリターダーマイルドを混ぜて筆塗り。

IMG_3909.jpg
シールドビームの塗装。
周りをマスキングテープとたっぷりのゾルで完全保護して、

IMG_3921.jpg
クレオスの明灰白色を吹く。
今回の反省点:スカーレット塗装前に明灰白色を塗るべきでした。
塗装の基本を無視しておりました・・。

イスやシールドビームのマスキングテープは明日剥がします。


今週中の完成に早くも極めて赤に近い黄色信号・・・。
明日は名古屋へ出かける用事が。
さらに25・26日は東京の友人宅へ遊びに。
おまけに天気予報では明日から3日間ほど雨・・。
え・・・完成予定は来週中に変更します・・。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その9

今シーズン初のナゴヤドームでの中日・阪神戦は家の事情で行けなかったのですが・・・・
まぁ・・・行かなくて良かったですわ。
肝心な場面で記録にはならないプレーも含めてエラー連発!
あんなので勝てるはずがない。
なんとも腹立たしい3連戦でした。
あ、ちなみに今年からCS(スカパー)に加入したためプロ野球全試合観れるようになりました。(笑)



さて、塗料はとっくの昔に乾燥しているのでマスキングテープを剥がしていきます。

IMG_3930.jpg
2灯式シールドビームの灰色塗装。
まぁ可もなく不可もなくといった感じ。
若干厚塗り気味。


IMG_3935.jpg
乗務員ステップもクレオスの明灰白色で塗装。
こちらは横着して筆塗り・・。


IMG_3926.jpg
車内のマスキングは剥がしましょー。
ベリベリ~。
剥がすのが意外と時間かかります。


IMG_3939.jpg
一見良さ気なんだけど・・


IMG_3941.jpg
このように所々マスキングが甘く、はみ出している箇所があるので筆塗りで修正。


IMG_3945.jpg
次に肘掛けをクレオスのクロムシルバーで筆塗り。
さすがにここまでマスキングしてエアブラシで・・・・という人はいないんじゃないかなぁ?


IMG_3950.jpg
こんな感じ。
赤のままとでは印象が全く違います。


IMG_4067.jpg
効果があるかは微妙ですが、肘置き部分をクレオスの白で筆塗り。


IMG_4071.jpg
運転台はマスコン・メーター類をクロムシルバーで塗装。


IMG_4078.jpg
そして瞬間接着剤で設置。
オーバースケール気味ですが、雰囲気としては良いでしょう。


続いて、

IMG_4014.jpg
車番を転写します。
当然ですが、3770系のインレタは市販されていないので番号を組み合わせることになります。
側面は6600系の予備を、前面はクロスポイントの汎用ナンバー(名鉄用)を使用します。
車番はトップナンバーの「3771-2771」で。


IMG_4016.jpg
まずは水平に転写できるよう裾から2.5mm弱の位置にマスキングテープを貼る。


IMG_4018.jpg
資料を何度も見ながら位置を確認中・・・。


IMG_4021.jpg
転写ペン(バニーシャーとも言いますが。)で転写!
「77」と数字が並ぶので少しだけ手間が省けます。


IMG_4023.jpg
とりあえず「77」だけ。


IMG_4028.jpg
続いて「3」の位置を確認・・・。


IMG_4031.jpg
そして転写!


IMG_4033.jpg
同様ですが、「1」の位置を確認・・・。


IMG_4035.jpg
転写!

マスキングテープを取り払って・・・

IMG_4037.jpg
出来た。


IMG_4061.jpg
「2771」も同様に。

続いて前面の車番なんですが、これが側面のように容易にはいかないんです。

IMG_4082.jpg
側面ではインレタシートを切り取ってセロハンテープを貼って車番を固定といった作業は不要です。
が、前面は吊りバネ取り付けフックがあったりとシートが安定しない位置にあります。

そのため

IMG_4085.jpg
シートを切り取り、


IMG_4087.jpg
位置を確認。
あ、シールドビームレンズ部分の銀色がはみ出てる・・・。
あとで修正しときます。


IMG_4091.jpg
そして転写。
ここまではセロハンテープ不使用です。


IMG_4094.jpg
残りの「3」や「1」はセロハンテープで車番を固定して転写します。
セロハンテープがあると位置決めが急にやり辛くなり、微妙な位置変更が難しくなります・・・。
車番が小さいというのも一因ですが。


IMG_4098.jpg
そのためか「3」が若干下がり気味に・・・。(汗)
カメラで拡大すると気になりますが、目視ではほとんど気にならない程度なのでこのままでいきます。
「3」の位置決めだけでどれだけ時間がかかったことか・・・。
貼り直しはとてもとても・・・。(汗)


IMG_4105.jpg
同様に何故か「2771」の「2」も下がり気味に。
でも目視ではほとんど気になりませんので・・・。


あ~疲れた・・・。
次回はドアレール・妻面アルミサッシの銀塗装、ジャンパー栓・エアーホース・幌などの塗装後にクリアーを吹きつけます。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その10(完成)

タイトル通り今回で完成です。
が、今回は写真が多いので完成後の細部の写真は次回まとめて記事にします。
というか、まだ写真撮っていないだけですが。
ということで、「鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る」はその11まで続きます。


IMG_4115.jpg
ドアレール・乗務員扉手すりなどをクレオスのクロムシルバーで筆塗り。


IMG_4153.jpg
同じくクロムシルバーで妻面アルミサッシを筆塗り。
エアーホース類もこの時に筆塗りしましたが、写真撮り損ね・・・。


IMG_4108.jpg
車体はクレオスのスーパークリアー半光沢を吹き付け、


IMG_4106.jpg
その他はクレオスのスーパークリアーつや消しを吹きました。


IMG_4138.jpg
クリアー乾燥後、レンズを入れるため1.0mm穴を開けたら・・・


IMG_4140.jpg
ぎゃ~・・・。
やはりサーフェイサーだとだめか・・・。(当たり前)
金属キットは組まないためメタルプライマーは持っておらず・・・。

仕方がないので、


IMG_4156.jpg
とりあえず剥がして、


IMG_4169.jpg
明灰白色にシンナーとリターダーマイルド加えたものを筆塗り。
あら、エアブラシ塗装よりこっちの方が綺麗に・・・?


IMG_4173.jpg
2灯式シールドビーム付属のレンズにゴム系接着剤を付けて、


IMG_4178.jpg
はめ込む。
うん、悪くない。


IMG_4117.jpg
幌はクレオスの明灰白色でエアブラシ塗装。


IMG_4132.jpg
そして黒にシンナーを多めに入れたもので凹み部分にスミ入れ。


IMG_4125.jpg
今回は台車も同様にしてスミ入れをしました。


IMG_4123.jpg
スミ入れ前。


IMG_4122.jpg
スミ入れ後。
効果ありですね。


IMG_4127.jpg
大きさで目立ちがちなTNカプラーポケットですが、黒で塗装すると、


IMG_4234.jpg
少しは目立たなくなるかと。

次にガラス。

IMG_3802.jpg
この変なワイパー・・・
邪魔なので、


IMG_3804.jpg
削る。
いくら2000番のヤスリで磨いてもこのように曇りは残ってしまうので、ここで用いるのが、


IMG_3811.jpg
コンパウンド。
写真は10年以上前のものですが・・・一応使用可能です。


IMG_3807.jpg
コンパウンドを塗って布もしくはティッシュでゴシゴシ磨くと・・・


IMG_3810.jpg
キラン!
ほら元通り。


IMG_4134.jpg
あとこの爪はガラス取り付け時に邪魔なのでカットしておきます。

続いて側面ガラスパーツ。
特に加工は必要ないはずなのですが、

IMG_4144.jpg
この妻面の微妙な隙間が気に食わない。


IMG_4147.jpg
こんな感じで完全には車体にフィットしてないんです。

そこで、

IMG_4159.jpg
カット!
貫通扉には元々ガラスパーツがなかったこともあり、妻面ガラスは塩ビにします。


IMG_4162.jpg
塩ビが入りやすいようにちょっと削る。


IMG_4164.jpg
これでガラスパーツの加工は完了。

さて、ガラスを取り付けて行きます。


IMG_4171.jpg
まずは妻面から。
GMキットに付属する塩ビを15mmにカットして、


IMG_4185.jpg
両面テープで貼り付け。


IMG_4187.jpg
前面ガラスや、


IMG_4197.jpg
側面ガラスもこんな感じで両面テープを貼って固定しました。


IMG_4193.jpg
前面ガラスをはめたので、ここでワイパーを。
クロスポイントの7700・7300系エッチングパーツに付属するもの。
ダブルアーム化される前の時代設定なのでこのタイプで。


IMG_4231.jpg
クロスポイントのスカーレットで筆塗り。


IMG_4217.jpg
パンタ鍵外し線も7700・7300系エッチングパーツのものを。
クレオスの黒と白で塗装しました。


IMG_4221.jpg
穴に通していき瞬間接着剤て固定。


IMG_4224.jpg
と、ここでPT-43パンタの取り付けなんですが、GMパンタに付属するコレ。


IMG_4226.jpg
このように取り付け時にパンタ台の足が浮いてしまい、瞬間接着剤で取り付けるにしても強く抑えていないといけないので、


IMG_4229.jpg
無しで取り付け。
あの金属パーツがなくてもパンタ動作になんら問題はありませんので。
むしろあると邪魔。(笑)


IMG_4277.jpg
これで幌を取り付けて車体をはめると完成なのですが、床下を見ていると・・・・
あれ・・・・?

あああ!


IMG_4278.jpg
上:モ3771(M車)
下:ク2771(T車)
画像では分かりにくいのですが、M車・T車の床下機器とカプラーまわり(シャンパ栓・エアーホース)が一致しない!
え~~なんでそんな有り得ないミスをした!?
なぜ今まで気が付かなかった!?

パニックになりかけたのですが、よくよく考えてみると鉄コレの床下機器って取り外し可能なんですね。


IMG_4279.jpg
ほら。(笑)


IMG_4280.jpg
若干外しにくい所もあり、指を痛めながらもなんとか取り外し完了。
ふぅ~・・・鉄コレで良かった良かった。(汗)


IMG_4282.jpg
M車とT車の床下機器の長さの関係でこのように未塗装部分が発生してしまうので、


IMG_4284.jpg
筆塗りですが修正。
それほど目立たないとは思います。


IMG_4296.jpg
最後はヒヤっとしましたが無事完成。
最初に書いたように細部の写真はまた後日アップします。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

鉄コレ改造で名鉄3770系(瀬戸線仕様)を作る その11(終)

前回で3770系(3771F)が完成し、予告通り細部の紹介~。
今回は色の感じを近づけるため画像のコントラストを調整しました。(とは言っても、まだ完全には満足出来てませんが)
最後にYahoo!オークションへのリンクをはっておきましたのでご興味のある方はご検討ください。


IMG_4561.jpg
行き先・種別板なし


IMG_4589.jpg
行き先・種別板あり


IMG_4318.jpg



IMG_4325.jpg
モ3771前面


IMG_4331.jpg
ク2771前面


IMG_4334.jpg
モ3771連結器周り


IMG_4340.jpg
ク2771連結器周り


IMG_4348.jpg
2灯式シールドビーム


IMG_4350.jpg
ワイパー


IMG_4379.jpg
パンタ鍵外し線


IMG_4385.jpg
PT-43パンタグラフ


IMG_4388.jpg
屋根上配管1


IMG_4391.jpg
屋根上配管2


IMG_4426.jpg
モ3771側面


IMG_4428.jpg
ク2771側面


IMG_4398.jpg
乗務員扉付近


IMG_4405.jpg
乗客用扉


IMG_4408.jpg
扉間側面


IMG_4417.jpg
車端部


IMG_4411.jpg
モ3771側面車番


IMG_4446.jpg
ク2771側面車番


IMG_4545.jpg
日車D型台車


IMG_4424.jpg
妻面
幌はクロスポイント6600系用を用い、明灰白色塗装以外は前面幌と同じ加工(削り作業・スミ入れ等)を行ってあります。


IMG_4436.jpg
連結
幌と幌の距離が近いので実車に近いと思います。


IMG_4439.jpg
カーブもこのように問題ない(はず)です。


IMG_4443.jpg
前面連結
これだけ開けておけば他車との連結もおそらく問題ないでしょう。


続いて床下~。

IMG_4485.jpg
連結面床下


IMG_4490.jpg
台車はビス止め加工


IMG_4493.jpg
連結器周り1
右:モ3771
左:ク2771


IMG_4497.jpg
連結器周り2
今回からは開放テコ・エアーホースなどを車体に取り付け、車体の取り外しが容易になるようにしました。(某所を参考に)


IMG_4495.jpg
続いて内装~。


IMG_4521.jpg
運転席周り1


IMG_4519.jpg
運転席周り2


IMG_4516.jpg
内装1
運転席仕切り板付近シート


IMG_4513.jpg
内装2
扉間シート


IMG_4508.jpg
内装3
連結面付近シート




~ここからはオークション用です~


IMG_4552.jpg
鉄道模型用のケースではありませんが、輸送中の破損がないよう十分梱包致します。

写真上の方に小さく映ってますが、
行き先板
・栄町ー瀬戸
種別板
・急行ー準急
を同封します。


IMG_4556.jpg
蓋をした状態。
トレッシングペーパーを敷いたうえで蓋をしてあります。


◆製作費用のまとめ
◎鉄道コレクション豊橋鉄道1750形:¥630×2=¥1260
◎台車(日車D型):¥420×2=¥840
◎パンタグラフ(PT-43):¥315
◎サボ受け(トレジャータウン 私鉄用正面サボ受け):約¥23
◎2灯式シールドビーム(銀河 N-057):¥368
◎連結器1(TOMIX 0336 密連形TNカプラー):約¥193
◎連結器2(TOMIX 密自連形TNカプラー、タヴァサ TNカプラーポケット):約¥70
◎車番(クロスポイント 汎用ナンバー):¥800
◎ワイパー・手すり・鍵外し線等(クロスポイント 7700・7300系エッチングパーツ):¥420
◎幌(クロスポイント 6600系用、GM 61-1 貫通幌):¥126
◎排障器(タヴァサ PN-451):¥88
◎乗務員ステップ(銀河 N-099):¥46

合計¥4,549


只今、Yahoo!オークションにて3370系(3771F)を出品しております。
もしご興味がありましたらこちらからご覧ください。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

羽黒駅

Author:羽黒駅
愛知県在住で某国立大学を卒業後、この春から社会人となる。
鉄道で興味あるのは何故か地元を走る名鉄だけで、取り扱っている鉄道模型も名鉄車両がほとんど。
名鉄の中でも特に興味があるのは昭和の時代を走った旧型車。

野球は大の阪神タイガースファンで、年に2~3回はナゴヤドームへ観戦に行く。
音楽鑑賞も趣味の一つで、好きなアーティストは「スキマスイッチ」「BUMP OF CHICKEN」「Mr.Children」「スピッツ」「Every Little Thing」「いきものがかり」など。
ロック好きな友人の影響でその他いろんな音楽を聴いており、ライブも年に数回は行く。

愛車は「マツダ アクセラスポーツ」。
車を持つようになってから車にも興味を持つようになり、今後いろいろイジッていく予定。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。