スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスポイント完成品発売前に6500系8次車を作る その1

阪神の不甲斐なさすぎる試合を見て気分は最悪。
いい加減”打てない守れない”金本をスタメンから外せ!
これで中日とのゲーム差は2.5。
巨人が優勝するくらいなら中日が優勝した方がましとか思ってましたが、実際に中日の優勝が現実味を帯びてくると・・・。
今の横浜戦ももちろん大事ですが、18日からの巨人・中日との6連戦で今年の成績が決まるでしょう。
パリーグは西武の優勝がほぼ決まってますな。
羨ましい・・・。


怒り奮闘で2階に上がろうとしたら、外窓にヤモリが現れました。

IMG_6823.jpg
これで3日連続の登場~。
何か良いことありますように。


で、6500系8次車です。
3700系と同時製作のはずだったのですが、資料がなかなか揃わず製作開始が遅れてました。
完成品の発売が迫ってきたので、いい加減手を付けなければヤバい・・・。
前回も言いましたが、某T氏より貴重な資料を頂いたので製作開始。
GMストアーのスタッフブログで公開された写真も非常に良い資料になります。
↓こちら
http://www.gm-store.co.jp/blog/blog01/archives/2876
↑画像の車番に間違いがあります。(2010.9.16追加)
 モ6450⇔モ6550
スタッフの単純なミスだとは思いますが、これが製品に反映されなければ良いのですが・・。



さて、今回の加工点は、
・屋根上配管
・ベンチレータの位置の修正(3500系の時からのエラー)(2010.9.16訂正)
・妻面配管の撤去
・妻面ステップのパーツ化
・床下機器、台車の交換
・連結器周り(エアーホースの設置)
・TNカプラー化

を予定してます。
内装ですが、GM完成品の床板は接着剤(タミヤセメント・瞬間接着剤)の使用が出来ない素材であるため、今回は省略される可能性が高いです。
実際のところ、内装も作りたい気持ちはありますが・・・ちょっと難しいでしょうね。
集電板のことも考慮しなくてはなりませんし。
ん・・・挑戦しようか迷い中・・・。


IMG_6809.jpg
タネ車はグリーンマックス名鉄3500系。


IMG_6812.jpg
こいつをIPAで塗装を剥がします~。


IMG_5780.jpg
順調に剥がれてます~。
それにしてもIPA汚れてきたなぁ・・・。


IMG_6526.jpg
剥がれました。
1両だけ塗装の落ちが鈍いのがありますが、こいつは車体全体をペーパーヤスリで磨きます。


IMG_6529.jpg
妻面の配管は不要なので、


IMG_6538.jpg
ノミで削る!


IMG_6533.jpg
屋根上の配管のモールドは全て不要なので、


IMG_6749.jpg
ノミで削る!
パンタ鍵外し線は別に削る必要ありませんが、パーツ化のため。


ここで表面を滑らかにすべく登場するのが、

IMG_6754.jpg
割り箸ヤスリ。
今回は妻面配管用にいつもよりも細いものを作りました。


IMG_6759.jpg
まずは600番でおおまかに。
続いて1000番で仕上げ。


IMG_6753.jpg
ザクってしまっている所が数ヶ所あったので、


IMG_6762.jpg
各所溶きパテを塗って、


IMG_6765.jpg
再び割り箸ヤスリで表面滑らかに。


IMG_6777.jpg
妻面もご覧の通り。
配管を跡形もなく撤去~。
一部手すり穴を開けてます。


IMG_6769.jpg
と、ここでヒューズ箱の取り付け穴の埋めを忘れており・・・。
火で炙った後に引き伸ばしたプラ丸棒で埋める。


IMG_6774.jpg
再度割り箸ヤスリで整える。
配管には0.4mm真鍮パイプが必要なんですが、手持ちではないため、アクシアの真鍮パイプをネットで注文しました。
パイピングは商品が届いてからで~。
どの程度の精度なのか楽しみです。


真鍮パイプが届くまでにパーティングライン消し・妻面ステップのパーツ化を行います。

IMG_6782.jpg
まずはこのパーティングライン消しから。


IMG_6785.jpg
ヤスリでゴシゴシ・・・


IMG_6791.jpg
消えました。
4両分のパーティングラインを消すのは結構大変ですね・・・。
1両に4ヶ所あり計16ヶ所。


IMG_6799.jpg
続いて妻面ステップのパーツ化。
0.3mm穴を開ける。


IMG_6808.jpg
あ・・・。
折れた・・・ついに折れた・・・。
にしても0.3mmって高いよなぁ。
近くのホームセンターでは1本1200円くらいで売ってたっけ。
模型店では1本600円くらいですが。
予備があるので作業を続けます。


IMG_6803.jpg
RLFの241「横型2列割ピン0.2mm用 ピッチ狭」を手すりとして取り付けます。
左:パーツ化後
右:パーツ化前
地味に時間かかる作業・・・。


次回は3700系の塗装を行います。
今はまだサーフェイサーを吹き付けただけの状態です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

クロスポイント完成品発売前に6500系8次車を作る その2

タイトルが「完成品発売前に~」となってますが、2回目にして半ば諦め状態です。
今の状態では95%以上の確率で間に合いません。
そのうちタイトルが変更になる可能性"大"です。

そんな状況ですが、とりあえず進めます。(別に製作を中止するわけじゃありません(笑))


で、屋根上配管のパイピングを行っていくわけですが、以前「Eggs」の真鍮パイプは"全く"使い物にならないと述べました。
なので、

IMG_6877.jpg
結局、アクシアの真鍮パイプをネットで注文しました。
0.4mmを4セットと0.5mmを1セット。
これだけで3000円弱かぁ・・・あまり贅沢には使えませんね。
0.4mmは配管に使い、0.5mmはドア知らせ灯に使います。


で、肝心の精度ですが・・・

IMG_6881.jpg
うん、肉薄で使える!


IMG_6883.jpg
一応真ん中付近でカットしてみる。


IMG_6887.jpg
お~。
若干穴が小さくなってる気がしますが、写真のように0.2mm真鍮線がしっかり入るので全く問題なし。
アクシアの真鍮パイプはオススメです。


IMG_6943.jpg
T氏より頂いた資料や写真を"参考に"ケガキを行います。


IMG_6942.jpg
こんな感じ。


IMG_6953.jpg
パンタ台を設置するため0.8mmの取り付け穴を開ける。


IMG_6957.jpg
そして瞬間接着剤で固定。


次に0.3mmプラ板で台座を作ります。

IMG_6965.jpg
あ"・・・・また折ってもうた・・・。
やば・・・0.3mmドリル刃の在庫があと1本しかない。
T氏の真似を"参考に"して0.25mmドリル刃を注文しようかなぁ。


IMG_6975.jpg
一部の台座を作って瞬間接着剤で設置。


IMG_7032.jpg
避雷器は0.4mm真鍮線で支えを補強して、配管取り付け穴0.3mmを開ける。


IMG_7028.jpg
中継箱は自作。
1.0mmと0.5mmプラ板を張り合わせ、溶きパテを塗った後、整形したもの。


IMG_8094.jpg
とりあえず空気作用管をパイピング。

改めて資料を眺めていたら気が付いたこと。
避雷器への配管には0.3mm真鍮パイプが必要だったぁ・・・。
あ・・・また注文しないと・・。

クロスポイント6500系8次車屋根の試作品を見ましたが、避雷器への配管モールドが・・・。
資料を見る限り・・・"やらかしてる"と言えます。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

クロスポイント完成品発売前に6500系8次車を作る その3

N(エヌ)に掲載されましたね。
リトルジャパン3900系。
去年の西春でのイベントで"計画中"との話をお聞きしてから約1年。
今年末~来年初めに発売予定だそうです。
台車とセットで発売されるようなので、価格は1万円前後になるものと予想されます。
リトルジャパンさんのことですから前面は「低運」「高運」の2種類付けてくれることでしょう。
3850系も楽しみですね~。


ということで屋根上配管のパイピングの続きです。

IMG_8100.jpg
屋根下への続く配管は入り口付近に盛り上がりがあるためそいつを表現します。
まずは1.0mm穴を開ける。


IMG_8106.jpg
1.0mmプラ丸棒を差し込み、表面をヤスリで平らに整える。


IMG_8110.jpg
そして0.5mm穴を開ければ出来上がり。


IMG_8114.jpg
0.3mmプラ板で各台座を瞬間接着剤で固定しました。
たったこれだけですが、穴あけにいくつ失敗したことか・・・。


IMG_8124.jpg
こちらはヒューズ箱の台座。


IMG_8128.jpg
配管3本用台座。(0.4mm真鍮パイプ)


IMG_8135.jpg
配管1本もしくは2本用台座。(0.4mm真鍮パイプ)


IMG_8140.jpg
配管1本用台座(0.2mm真鍮線・0.3mm真鍮パイプ)と鍵外し線用台座。


IMG_8149.jpg
ヒューズ箱に0.3mm穴を開け、


IMG_8157.jpg
瞬間接着剤で固定。


IMG_8144.jpg
火で炙った0.4mm真鍮パイプをピンセットで曲げ、


IMG_8153.jpg
割ピンに通し、


IMG_8161.jpg
瞬間接着剤で固定。


IMG_8164.jpg
他も同様にケガキに合わせて曲げて、


IMG_8185.jpg
割ピンに通し、瞬間接着剤で固定。


IMG_8193.jpg
ヒューズ箱へ伸びる配管は0.2mm真鍮線で。


IMG_8202.jpg
反対側はこんな感じ。
これをやりたいがために"高い"真鍮パイプを買ったんです。
でもやった甲斐はありますね~。

次回もパイピングは続きます。


 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

クロスポイント完成品発売後に6500系8次車を作る その4

ついにタイトルを変更せざるを得ない状況に。
言葉上は「発売"前"」から「発売"後"」に変更しただけですが、意味合いは大きく変わりますね~。
発売"後"にわざわざ作る必要があるのかと・・・。(そんな声が聞こえてきそうで・・)


ということで、配管の続きです。
今回はモ6450の配管をメインに。
その資料ですが、つづき氏より画像を提供して頂きました。
この場を借りてお礼申し上げます。m(_ _)m


408-0899b_IMG.jpg
モ6450屋根上1。(つづき氏より提供)


409-0917a_IMG.jpg
モ6450屋根上2。(つづき氏より提供)
これらは頂いた資料の一部ですが、こんな感じに作ってやろうと。


IMG_8206.jpg
多少形状が異なりますが、0.4mm真鍮パイプとボナのP-022「割ピンセット」を使ってパイピング。
縦二連タイプの割ピンで上下2本のパイプを固定し、横に通常タイプの割ピンで1本のパイプを固定するという感じです。


IMG_8212.jpg
横から見るとこんな感じ。


IMG_8216.jpg
火で炙った0.4mm真鍮パイプをどんどん曲げていき・・・


IMG_8220.jpg
縦二連タイプ・横二連タイプ・通常タイプを駆使して固定。
クーラー側から見た感じ。


IMG_8224.jpg
パンタ側から見た感じ。


IMG_8228.jpg
だんだん配管らしくなってきましたねぇ~。


IMG_8390.jpg
ヒューズ箱への配管は0.2mm真鍮線で。


IMG_8400.jpg
こんな感じ。


IMG_8397.jpg
反対側から。
うん、"自分にしては"良くできた方。


408-0899a_IMG.jpg
避雷器への配管は最終地点でフックのように大きく曲がってます。
そして何より線が細い。

なので、ここは

IMG_8391.jpg
こばるの0.1mmポリウレタン銅線を用います。
要はエナメル線。
0.1mmの真鍮線は・・・市販されているのか・・・?
少なくともあまり見かけはしませんね。


IMG_8412.jpg
少し曲線が大げさになり気味ですが。


IMG_8407.jpg
ここでは0.3mm真鍮パイプも使用。


IMG_8420.jpg
パンタはそのまま乗っけるとなんとも格好が悪いので、


IMG_8424.jpg
足をカット。


IMG_8429.jpg
良い良い。


IMG_8443.jpg
あとは0.2mm真鍮線と0.1mmポリウレタン銅線でパンタへの配管を。


IMG_8446.jpg
最終的には塗装後にパンタと接続するように変形します。
最初からそうしてしまうとパンタの取り付け・取り外しができなくなってしまうので。

屋根上配管も残すはパンタ鍵外し線なんですが、ここで1つ悩みが。
パンタ鍵外し線を取り付けると手すりの関係上、屋根の取り外しができなくなります。
となると、「T車は車体と屋根を別々に塗装」「M車は車体にマスキングをして屋根を塗装」ということになります。
このマスキングが非常に厄介で・・。
おそらくゾルも用いることになるのでしょうが、これはあまりやりたくない・・。
パンタ鍵外し線は塗装後の後付けにするか塗装前の先付けにするか・・・ん・・・迷うなぁ・・。


プリンターを新しいのに買い換えました。
「EPSONのPM-930C」から「CanonのPIXUSシリーズ MG6130」に。
これより前の機種もそうでしたがEPSONのプリンターはインク漏れの症状が酷いため、いい加減見切りをつけてCanonに乗り換え。
今のプリンターは印刷が早いんですねぇ~。
技術の進歩に驚きました・・。
ただ、インク代は以前より上がっている気が・・。


 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

クロスポイント完成品発売後に6500系8次車を作る その5

26日に敦賀へボンネットを撮りに行く予定でしたが、あまりの大雪のため断念・・。
そんな状況でも友人O氏は1人で行ったらしい・・・。(すげぇ根性・・)


と、暇な時間ができたので久しぶりに6500系8次車を進めましょうか。
とは言え、やる気が少しだけ回復しただけなので進んだのはほんの少しですが。
これでやる気に火が点いてくれれば・・。(汗)


IMG_8841.jpg
前回まででパンタ鍵外し線を除いて屋根上配管類はほぼ終わっています。


IMG_8797.jpg
あとは屋根上手すりのパーツ化です。


そこで、

IMG_8818.jpg
T氏のブログでも取り上げられていたドリル刃を購入しました。
0.25mmを2セットと0.35mm・0.45mm・0.50mmを各1セットずつ用意。
0.25mmは10本で850円。
それ以外のサイズは10本で500円と凄くお買い得です。


このドリル刃。
0.25mmに関してはT氏からは「凄く折れやすいよ」的なことを言われてまして。
内心は「そんなに折れるのか?」と半信半疑でしたが・・・


IMG_8817.jpg
はい、いきなり~・・・。
まだ1つも穴開けてないよ!?
ちょ・・・これ取り扱い超要注意やて・・。


気を取り直してドリル刃交換~。
そして、

IMG_8822.jpg
・・・。
え・・・?
もう2本目!?
使い始めて1分も経たないうちに2本消費・・・。
や・・ヤバい・・・このままじゃ何本あっても足りない・・。(T氏の言う通りだ・・)


そして、

IMG_8825.jpg
やっと開いた~。(こんなところで喜んでいるようでは・・・)


その後、扱い方のコツを何となく掴んできまして、

IMG_8830.jpg
無事手すりの取り付け完了。
0.2mmの真鍮線を使用してます。


IMG_8833.jpg
これだけの穴を開けるのに3本の刃を消費してしまいましたが、コツは掴めたので次回以降は"たぶん"大丈夫でしょう・・・。


IMG_8835.jpg
本日の作業はここまでなんですが、今回の製作においての悩みの1つとして「内装をどうするか」があります。
ウエイトを移動させる訳にもいかず、かと言ってウエイトの上に床板を張るとイスの高さに問題が生じる。


内装に関しては今回は諦めようかと思っていたのですが、よく見ると、


IMG_8838.jpg
簡易的なものですが、一応イスは再現されているんですね。
今まで気が付かず・・。(汗)
これを発見した途端に「今回イスの製作はなし!」と決定。(笑)
塗装でイスと床の塗り分けを行うことで"内装の再現"とします。
模型にはある程度の妥協が必要ですってことで。(笑)


今までパンタ鍵外し線をどうするか決めかねていましたが、やはり塗装前に取り付けることにしました。
当初は先の取り付けだと手すりの大きさの関係上、屋根と車体の分離が不可能と思っていましたが、実際はそうではないことが判明。
次回はパンタ鍵外し線の取り付けを行います~。


 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

クロスポイント完成品発売後に6500系8次車を作る その6

やっとやる気に火が点いたと思ったらまたすぐに消えそうな状態です。(汗)
ここが私の悪い所なんですが・・・なかなか治らない・・。


さて、今年最後のアップです。
夜は夜でいろいろ忙しいので昼間のうちにアップしておこうっと。


今回はパンタ鍵外し線と残りの手すりの取り付け。
塗装前の最後の加工ではないかと思います。

IMG_8846.jpg
まずはパンタ鍵外し線が通る手すりの取り付け。
クロスポイントの「7700・7300系エッチングパーツ」使用。


続いて車体のちょっとした加工なんですが、屋根パーツの裏は、

IMG_8854.jpg
こんな感じで割ピン取り付けやら穴埋めなどの跡が残ってます。
このままでは屋根が車体に上手くハマらないので、


IMG_8851.jpg
グリグリと穴を開け、


IMG_8856.jpg
ペンチで切り取り、


IMG_8848.jpg
ヤスリで簡単に形を整えます。
別にこんな所は綺麗に整える必要は無いので適当に。


次にパンタ鍵外し線を取り付けますが、

img-6500-8-p.jpg
この滑車がパーツとしては(たぶん?)市販されてないんです。(画像:つづき氏より提供)
あったらあったでパーツとしては複雑な構造なのでその分高価になりそうですが・・。


ですので、今のところ滑車の代用は割ピンを使うしかありません。
ということで、

IMG_8860.jpg
ボナのP-002「割ピンセット」を使用。
パンタ鍵外し線はクロスポイントの「7700・7300系エッチングパーツ」から。


IMG_8863.jpg
モ6450とモ6550の両方の取り付けが完了。


IMG_8866.jpg
ん・・・やっぱり割ピンじゃちょっとなぁ~。
まぁ仕方がない。


img-6500-8-t.jpg
最後にこの部分の手すりを取り付け。(画像:つづき氏より提供)
ここはクロスポイントの完成品にはモールドとしても再現されていません。

ということで、差をつけるチャンス!?(笑)
この手すりはパンタ側と非パンタ側では位置が多少異なっているので穴開けの位置もずらします。


IMG_8873.jpg
パンタ側は鍵外し線の内側に、


IMG_8885.jpg
非パンタ側は外側に穴開け。(いずれも0.25mm)


IMG_8926.jpg
そして手すりの取り付け。
RLFの241「横型2列割ピン 0.2mm用 ピッチ狭」を使用。


ということで、今年の更新は以上で終了です。
更新数は決して多くはありませんが、来年も温かく見守って頂きますようよろしくお願い致します。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

羽黒駅

Author:羽黒駅
愛知県在住で某国立大学を卒業後、この春から社会人となる。
鉄道で興味あるのは何故か地元を走る名鉄だけで、取り扱っている鉄道模型も名鉄車両がほとんど。
名鉄の中でも特に興味があるのは昭和の時代を走った旧型車。

野球は大の阪神タイガースファンで、年に2~3回はナゴヤドームへ観戦に行く。
音楽鑑賞も趣味の一つで、好きなアーティストは「スキマスイッチ」「BUMP OF CHICKEN」「Mr.Children」「スピッツ」「Every Little Thing」「いきものがかり」など。
ロック好きな友人の影響でその他いろんな音楽を聴いており、ライブも年に数回は行く。

愛車は「マツダ アクセラスポーツ」。
車を持つようになってから車にも興味を持つようになり、今後いろいろイジッていく予定。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。