スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

An・Rail(赤い電車) 名鉄キハ8500系を実車らしくする その1(IPAによる塗装剥がしのトラブル)

タイトルを付けて記事を始めたはいいものの、いきなり躓いてます・・。
最初に言っておきますが、「その2」がいつ書けるのか自分にも分からない状況です。
理由は以下を読んで頂ければ・・。


ちなみに、今回の記事では加工は行ってません。
タイトルにもありますが、今回はIPAによる塗装剥がしのトラブルについてお伝えしたいと思います。


IMG_7995.jpg
前回のレビューでは、IPAに15時間ほど漬けこんで塗装を剥がし、中性洗剤で車体を洗った所まで紹介しました。
画像は現在の状況です。


なんら問題のないように見えますが・・・


IMG_7999.jpg
そう。ひび割れが発生しているんです。
各サイトでABS樹脂製品のIPAによる車体のひび割れ・崩壊が報告されていますが、いずれも4週間など長時間漬けこんだ場合にこの現象が起きているように思います。
ですが、今回は"たったの"15時間ですよ、15時間・・。
大手メーカーでないとこういう所にまで違いが出てしまうのではないかと思ってしまいます。
ABS樹脂の成分が大手とはどこかで異なるのかもしれません。


で、今回のひび割れについて気になったことが。
塗装を落とした時点ではこのひび割れは生じてなかったんです。

IMG_8038.jpg
その証拠がコチラ。
綺麗なプラ面なんです。
塗装剥がしの翌日には、
「ん?ヒビっぽいものが・・・?」
という薄っすら線があるかないかという程度のことだったのですが、さらに翌日・翌々日には、
「あ・・・これ完全にヒビだ!」
と分かるまで大きくなっているのです。
そして進度は遅くなったものの、現在も少しずつヒビが"成長"しているというのが現状です。


IMG_8004.jpg
現在はこんな状態です。
ひび割れが無数に発生してます。


IMG_8008.jpg
前面にも。


IMG_8023.jpg
今回のヒビは、まず雨樋付近から発生し、そいつがだんだん下に降りてくるという傾向があるようです。


IMG_8014.jpg
車体全体にわたって発生していますが、何故か屋根には1箇所も発生してません。


IMG_8030.jpg
ただこのひび割れ、車両によっても発生の差があるようで、今まで紹介したのはある先頭車1両の状態です。
もう1つの先頭車1両は一昨日に写真のように初めてひび割れが確認され、中間車1両は今日になってひび割れが発生しました。
いずれも程度としては軽いのですが、今後増える可能性は非常に高いです。


IMG_8019.jpg
ヒビにも2種類あり、触っても全く段差を感じないものと写真のように溝が生じているものがあります。
オデコ部分のヒビは発生当初段差を感じない程度でしたが、現在は溝ができるまでに"成長"しています。


IMG_8027.jpg
ちなみに、車体の内側にはひび割れは一切発生しておりません。
塗装面にのみ影響があるようです。


妻面に関しては、

IMG_8037.jpg
今のところ1両のみこのようにクレーターのようなものが発生しています。
これもおそらくIPAによる影響でしょう。


という訳で、ひび割れがどの程度にまで進行するのか分からない状況に置かれてます。
ですので、今サーフェイサーを厚塗りしてヤスリで表面を整えたとしても、ひび割れの進行が止まっていなければ全くの無駄な作業になってしまいます。
今後は少し車体の様子を見ていく必要があるようです。

で、製作に躓いているもう1つの要因はキハ85系の床下です。
当初、キハ85-100の床下をAssyから取り寄せるつもりでいましたが、行きつけの模型屋さんにKATO本社の在庫を確認してもらったところ、室内灯セット・動力台車はあるものの、床下セットやライトユニットなどの在庫はないとの返答が。
キハ85系のセットが再生産されない限り手に入らないとのことです。
どこか在庫が残っているお店はないかしら・・。
ちなみに手に入れたいパーツは以下のもの。
Assyパーツ
・品番[6037B] 動力ユニット 1つ
・品番[6037-1D1] 動力台車 1つ(在庫あり)
・品番[14063H] 室内灯セット 1つ(在庫あり)
・品番[6034C] 床下セット 4つ
・品番[6034-1D] 台車 4つ
・品番[6034C] ライトユニット 4つ
・品番[6035H] 室内灯セット 4つ(在庫あり)


ん・・・・自分ではどうしようもない問題が2つも・・・。
始まったばかりであれだけど、こりゃいったん休止かな・・。


その前に6500系8次車を進めないと。(汗)
その後に1380系の製作も始めないと2月に完成品が出ちゃう・・。


 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

An・Rail(赤い電車) 名鉄キハ8500系を実車らしくする その2(塗装剥がしに再挑戦)

久しぶりにこれに再挑戦しようかと。
前回はシンナー(うすめ液)よりも樹脂への影響が少ないとされるIPAでまさかの失敗でした。
"IPAは万能ではない"と訴えている方のサイトおよびブログを拝見してはいたので、一応知識としてはありましたが、いざ自分のところで起こってみると驚きは隠せませんでした。


その後、ネットや雑誌を見ていると、塗装剥がしには「シンナー」や「IPA」の他にこのようなものもあると知りました。

IMG_9110.jpg
新撰組の「塗装バスター」です。
「とれいん 2010年10月号」の用具特集でも取り上げられているのでご存知の方も多いかと思います。


この製品の最大の特徴は、

IMG_9114.jpg
「有機溶剤を使用していないため、樹脂への影響が"極めて"少ない!」
らしいです。
ちょっと期待しちゃってもいいかしら。

品名:植物性の溶解液
用途:塗装除去・洗浄
原料:穀物類などの植物
容量:80ml
価格:998円

IPAが200mlで100円ほどなのに対し、塗装バスターはわずか80mlで1000円という高さ。
おそらくキハ8500以外にはこの溶剤は使わないぞ。(笑)


いくら樹脂に影響が極めて少ないとはいえ、注意点もありまして・・

IMG_9113.jpg
「極めて長時間、本液を樹脂に付着させたままにしておくと、変色・溶解する場合があります」
この"極めて長時間"というのがどれくらいの間なのかは非常に曖昧ですが。


IMG_9115.jpg
いずれにしても、IPAよりは樹脂への影響は少ないだろうと期待して塗装剥がし作業に入ります。


IMG_9120.jpg
キャップを外しました。
無臭ではないですが、有機溶剤独特の嫌な臭いはしないです。
使用方法にも書いてありますが、IPAのように溶剤プールに漬け込むのではなく、塗装を落としたい部分に溶剤を塗ったくるという方法であるため、容器の口は小さいです。

ていうか、80mlしかないのでプール状にはとてもとても・・・。
値段にしても5000円ほどかかります。(汗)


IMG_9122.jpg
このように綿棒などに溶剤をたっぷり染み込ませて・・・


IMG_9123.jpg
塗りまくる!


IMG_9125.jpg
前回の失敗があるので、とりあえずスカートと妻面のみに塗ってみて様子見です。


IMG_9130.jpg
「数10秒から数時間経過後にふき取ることにより塗装が除去されます」
とのことなので、試しに1分後に綿棒でふき取ってみました。


その途中・・・

IMG_9132.jpg
あ・・・。
手に力が入り過ぎた・・。
でも、後で修正できるし、こっちの方がふき取りやすいや。(笑)


が、

IMG_9134.jpg
非常に落ちにくい。


IMG_9136.jpg
妻面に関してはほとんど落ちていない・・。
まぁある程度予想はしていました。


そこで、

IMG_9138.jpg
ティッシュに溶剤をたっぷり含ませて放置作戦。


IMG_9141.jpg
かなり潤ってます~。

で、このまま6時間放置~。


放置している間、溶剤が手に着いた状態でたまたま車体を触ったら、

IMG_9165.jpg
あれ?
意外と落ちやすい?


ってことで、綿棒に溶剤を染み込ませて拭き拭き~してみたら・・

IMG_9144.jpg
お~、落ちる落ちる!
クリーム色以外は。


しかも・・・

IMG_9148.jpg
無数の穴。
なんか嫌~な予感がしますね~。(笑)


IMG_9157.jpg
さらに20分ほど拭き拭きしてみた。


IMG_9161.jpg
微妙に落ちてはいるが非常に落ちにくい・・。


IMG_9168.jpg
どう見てもこの落ち方は問題あるよなぁ・・。(汗)
とりあえずこれ以上は落ちないと判断して、側面の塗装剥がしは終了。


IMG_9163.jpg
この時点での妻面の状況。
思った通り、貫通扉の色は落ちてきているようです。
やはりクリームは色はしつこいか・・?


IMG_9170.jpg
で、6時間後。
上と比べても分かりますが、クリーム色もある程度は落ちているようです。


IMG_9173.jpg
期待しながらティッシュを取り除くと・・・


IMG_9176.jpg
・・・。
いやいや、まだティッシュを取り除いただけで、溶剤を"拭き取って"はいないからね。


IMG_9183.jpg
で、綿棒で拭き取る!


                              


IMG_9186.jpg
はぁ・・・?
うざ・・・。
全然落ちんやん・・。


IMG_9187.jpg
これ以上続けても"無意味"だと認識しつつも、「もうどうにでもなれ!」って感じで、再び塗装バスター漬け!


IMG_9190.jpg
もう知らんわ・・。

このまま12時間放置します・・。
結果は明日報告します。
と同時に、アンレール8500に関する今後の方針も決定するかと思います。


もうね・・・半分諦めてますよ・・・。
樹脂にも影響してる感じ満載ですし。
まぁ、全体の塗装具合を見ても一目瞭然ですが、いかにクリーム塗装が"相当な厚塗り"であるかがこれからも分かって頂けると思います。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

An・Rail(赤い電車) 名鉄キハ8500系を実車らしくする その3(塗装剥がしに再挑戦?)

昨日から12時間が経過しました。


IMG_9193.jpg
ん~・・・あまり期待はできなさそう・・。


IMG_9196.jpg
ティッシュを取り除きました。


IMG_9198.jpg
綿棒で溶剤を拭き取ります。


IMG_9201.jpg
こうなりました・・。


爪やピンセットで塗装面をイジってみると・・・

IMG_9204.jpg
塗料が硬い糊のような状態になっており、まぁ・・一応は取り除くことができます。


IMG_9207.jpg
試しに一部分だけ取り除いてみました。


が、

IMG_9210.jpg
完全に樹脂が侵されてます・・。
IPAよりも酷い状態・・・。


IMG_9213.jpg
結局、"樹脂への影響が極めて少ない"という塗装バスターでも樹脂を侵さずに塗装を落とすことはできませんでした。



ここでもう塗装剥がしはやめようかと思ったのですが、最後に塗装剥がしの基本(?)であるシンナー(うすめ液)でも実験してみようかと。

IMG_9214.jpg
諦めが悪いですね~。(笑)


IMG_9215.jpg
綿棒にたっぷりうすめ液を含ませて、


IMG_9217.jpg
車体を拭いてみる。


IMG_9220.jpg
良い感じに見えますが・・・


IMG_9222.jpg
あ~。
塗装バスターの時と同じ現象が・・。


IMG_9227.jpg
さらには薄~いヒビ割れも見られます。


IMG_9229.jpg
が、とりあえずさらにうすめ液を塗ってみます。


およそ10分後・・・

IMG_9232.jpg
ダメだ・・。
この時点で樹脂が侵されてる・・。
はい、塗装剥がし実験終了~。


とりあえず、これまでのことをまとめてみます。
 IPA:塗装はキレイに剥がれたが、車体にヒビ割れが発生する可能性あり。(全ての車体に発生する訳ではない。)
 塗装バスター:塗装は非常に剥がれにくく、樹脂への影響はIPA以上。
 シンナー:塗装は比較的剥がれやすいが、樹脂への影響は塗装バスターとほぼ同じ。

この中で一番樹脂への影響が少ないのはIPAでしょうかね・・。
もちろん推奨はしませんが。


今回の記事をもちまして、「An・Rail(赤い電車) 名鉄キハ8500系を実車らしくする」は終了します。
もちろん、アンレールのキハ8500系がN化できないわけではありません。
実際に、車体は無加工でキハ85系の床下や鉄コレ動力を用いて走らせている方もいらっしゃいます。
しかし、個人的には車体の加工・再塗装を行わなければ、N化する意味はないと考えてます。

他社から"出来の良い"完成品が発売されることを切に願います。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

羽黒駅

Author:羽黒駅
愛知県在住で某国立大学を卒業後、この春から社会人となる。
鉄道で興味あるのは何故か地元を走る名鉄だけで、取り扱っている鉄道模型も名鉄車両がほとんど。
名鉄の中でも特に興味があるのは昭和の時代を走った旧型車。

野球は大の阪神タイガースファンで、年に2~3回はナゴヤドームへ観戦に行く。
音楽鑑賞も趣味の一つで、好きなアーティストは「スキマスイッチ」「BUMP OF CHICKEN」「Mr.Children」「スピッツ」「Every Little Thing」「いきものがかり」など。
ロック好きな友人の影響でその他いろんな音楽を聴いており、ライブも年に数回は行く。

愛車は「マツダ アクセラスポーツ」。
車を持つようになってから車にも興味を持つようになり、今後いろいろイジッていく予定。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。