スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その1

前回の予告通り、先日パレマルシェ西春の鉄道イベントで購入したリトルジャパン名鉄「モ832+ク2502」の製作に入ります。
会場限定品ですのでこの会場でしか発売されないようです。

IMG_1655.jpg
レポした時と同じ画像ではありますが、一応表紙はこんなの。
モ831+ク2501とは違い、低運転台なのが特徴です。
今のところ、前照灯は1灯タイプ、ダークグリーン塗装を予定。

IMG_1690.jpg
側面・前面パーツ等

IMG_1691.jpg
屋根・床下機器パーツ等

IMG_1692.jpg
今回の製品の最大の特徴でもあるク2502の平らな妻板。
連結面車端部にトイレ・洗面台を装備する準備工事が行われたことでこの部分のみ平妻となり、貫通扉は珍しく引き戸でした。(組み立て説明書参照)

IMG_1725.jpg
Hゴムの有無も違います。(左が通常の妻板)

IMG_1726.jpg
違いますねぇ。
確かに平らです。

IMG_1728.jpg
妻板の形状が異なるため当然屋根の形状も異なります。
まさにこれが今回新規に金型を起こすことになった要因。

IMG_1693.jpg
ニッパーでブチブチと・・・

IMG_1698.jpg
切り取った後は、このようないらない部分をカッターで綺麗に除去します。

IMG_1701.jpg
除去した後。

IMG_1699.jpg
全体的に大小さまざまなバリが付いているのでバリ取りを。

次は前面の加工。

IMG_1704.jpg
ク2502の前面

IMG_1705.jpg
ライトレンズを組み込むため、0.5mmの穴をあけます。

IMG_1711.jpg
モ832・ク2502とも穴をあけた後。
なお、手すり取り付け位置は付属のプラ製の手すりを取り付ける用にくぼみができています。(画像でも確認できますが。)
エッチングパーツを取り付けるにはこのくぼみが厄介者なのでプラで埋めてしまいます。

IMG_1714.jpg
このように0.3mm厚のプラ板をくぼみの大きさに合わせてカットし、

IMG_1715.jpg
瞬間接着剤で取り付け。

IMG_1716.jpg
後でパテで修正するので適当な形で。
次にこのサボ受け。
トレジャータウンのエッチングパーツに取り換えるので、

IMG_1717.jpg
彫刻刀で

IMG_1718.jpg
除去。

IMG_1720.jpg
ここまできたら、パテをシンナーで溶いた溶きパテで修正。
と、前面パーツ見てたら・・・

IMG_1724.jpg
へ・・凹みがある!
800系のキットでもそうでしたが、リトルジャパンのキットは前面上部の凹みが多いのです・・・。
でも800系と比べればこいつはまだまし。

IMG_1723.jpg
ってことで凹みにもパテを塗って1日乾燥するのを待ちます。


 一応ランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その2

昨日(8/30)、7000系パノラマカー最後の編成である7011Fが引退し、これで名鉄の1つの時代が終わりました。
あのような名車を動態保存しない名鉄の経営方針にはつくづく疑問を感じます。(というのは一ファンとしての心理ですが・・)
5300系・5700系・7700系(特に5300系・7700系)の引退もそう遠くないと思われ、"現代の"名鉄への興味はますます薄れるばかり・・。
しかし旧型車への興味は増すばかりであります。(笑)


さて、パテも乾いたので昨日の続きです。
まずは前面のやすりがけを行います。

IMG_1729.jpg
割り箸を画像のように先端が細くなるよう加工した後、細く切ったペーパーやすりを両面テープで貼り付けた物を使い、

IMG_1733.jpg
まずは600番で大まかにゴシゴシゴシゴシ・・・

IMG_1735.jpg
続いて1200番でゴシゴシゴシゴシ・・・

IMG_1736.jpg
できた。
お次に行く前に、

IMG_1739.jpg
ク2502の前面手すりは1灯前照灯時には不要なので除去します。

IMG_1758.jpg
渡り板はクロスポイントのエッチングパーツを使い、

IMG_1746.jpg
前面のステップはレボリューションファクトリーのパーツに交換するので、
(横型2列の割りピンですが、ほとんど2列になってないので通常の手すりとして使用可)

IMG_1745.jpg
渡り板用の0.5mm穴をあけ、

IMG_1747.jpg
前面ステップ用の0.3mm穴をあける。
取り付けは後ほど。

IMG_1740.jpg
こちらはトレジャータウンの「私鉄用正面サボ受」
私鉄用とされていますが、これは5500系キットの分売品なのでほぼ名鉄用といってもいいでしょう。

IMG_1743.jpg
裏に記載されている組み立て方法を参考に、

IMG_1742.jpg
ヤットコとピンセットで組み立て。
こいつの組み立てにはなかなかコツがいりまして、慣れが必要です。
20個ほど作っているのでだいぶ慣れましたが、初めて組んだときは1つ潰しました・・・。(もったいない・・)

IMG_1744.jpg
組み立て途中・・・

IMG_1748.jpg
完成版
こちらは種別板。

IMG_1749.jpg
サボ受けができたら、渡り板・手すりも一斉に取り付け。
ちなみにパーツ類の取り付けは箱型に組んでからでもいいのですが、裏からも瞬間接着剤を流すのでこの時につけた方が作業は楽。
ただし前面のステップは箱型に組んでからの方が良いです。
これはパテで継ぎ目を修正する際、やすりがけするのにステップが邪魔になるのがその所以ですが詳しくは後ほど。(次回か次々回か)

IMG_1750.jpg
モ832の連結面側に前照灯の台座がありますが不要なので、

IMG_1751.jpg
キレイさっぱり除去。ツルピカ。

と、ここまでやってやっとこさ楽しい作業。

IMG_1752.jpg
やっと箱型に組めますよ。

IMG_1757.jpg
今までは基本的に瞬間接着剤を使用してきましたが、ここではタミヤセメントを使います。
瞬間接着剤は強力な接着力のある液体によって接着するに対し、タミヤセメントはプラスチックを溶かして接着するため乾くのに時間はかかるものの最終的な接着力はタミヤセメントの方が上。
ただ、プラとプラの接着でしか使えないのが難点・・・。

IMG_1753.jpg
まずはL字に組み、

IMG_1754.jpg
箱型にする。
ク2502にはキレイに箱型にするための器具が付いてるので遠慮なく使用。
(遠慮する理由が何処に・・・?)

IMG_1756.jpg
側面が反り返らないよう床と屋根をつけておき乾燥を待ちます。
屋根の接着はまだです。
配管してから接着します。

IMG_1755.jpg
んーやはり旧型車はカッコいい!

次回は前照灯の取り付け・屋根上配管を予定してます。

  こんなブログでも一応ランキングに参加してます。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その3

阪神一筋13年、阪神の暗黒時代も支えてきた天才バッター今岡誠(34)選手がついに今シーズンで引退するようです。
03年首位打者(打率3割4分)、05年打点王(147打点)、両年のリーグ優勝に大きく貢献しました。
どんな悪球でもヒットにしてしまう天才的な打撃がウリの選手でしたが、近年極度の不振が続きついに・・。
去年の濱中といい今年の今岡といい、2年連続で人気選手が球団を去るのは残念でなりません。


そんな状況でも製作は続きます。
今回はモ832の屋根上配管から。

IMG_1766.jpg
もったいない気はしますが・・・これも見栄えを良くするために必要なこと。

IMG_1768.jpg
下の線が消える前に真鍮線で管の形を大まかに作っておきます。
配管のための0.5mm穴・手すり取り付けの0.3mm穴もあけます。

IMG_1769.jpg
あくまでも大まかな形です。

IMG_1772.jpg
デジタルズームで汚いですが、0.3mm・0.5mmの穴。
真鍮線をしっかり固定するのに必要な穴です。

IMG_1773.jpg
同じくデジタルズームで汚いですが。
まだヤスリがけしてないから表面は凸凹でもいいんです。

IMG_1774.jpg
この汚らしい状態から紙やすりを使ってツルピカに。

IMG_1776.jpg
600番でゴシゴシゴシゴシ・・・

IMG_1777.jpg
さらに1200番でゴシゴシゴシゴシ・・・

IMG_1778.jpg
ほらツルピカ!(?)

続いてランボードを付けるのですが・・


IMG_1781.jpg
斜めってる・・・

さすがにこのままでは気持ち悪いので、

IMG_1782.jpg
0.3mmプラ板を小さく切ったものを、

IMG_1785.jpg
ランボード取り付け穴に入れて高さを調整。

IMG_1786.jpg
うん、ちょうどいい。

IMG_1787.jpg
台座を取り付け。(ボナの配管止めセットに付属)

IMG_1788.jpg
今回配管止めに使うのはこれ。
7300系の時と同じボナの配管止めセットに入ってるもの。
形が異なるだけです。

IMG_1789.jpg
配管止めが上から被せる形式なので真鍮線で形を作り

IMG_1792.jpg
はい、配管終了。
画像下の方に写ってますが、屋根上手すりはタヴァサの屋上用手スリセットを使用。
これも7300系の時と同じものです。

IMG_1793.jpg
モ832の前照灯は露出型かつ今回製作するのは1灯なので、銀河のヘッドライトに交換します。
2灯であればキット付属パーツを用いるところですが。

IMG_1794.jpg
プラの台座を撤去し、パーツ取り付けの0.5mm穴をあけて、

IMG_1795.jpg
パーツの台座を取り付け。

IMG_1803.jpg
うんうん、カッコイイ。

続いてク2502の前照灯。

IMG_1762.jpg
この台座に取り付けようとするが・・・

IMG_1760.jpg
上手くハマらない・・・。
こんなに浮いては台座の意味がないので除去・・・(何のための台座や・・?)

IMG_1763.jpg
まさかの点灯化も視野い入れて(?)一応穴は空けておきます。
※今回の製作では点灯化は行いません・・。

IMG_1800.jpg
取り付けたはいいものの・・・この前照灯なんか歪な形・・・?
何このボコッとしたもの?

ってことで、ライトレンズ入れる穴をあけるついでに形を整えていたら・・・



IMG_1805.jpg
あ"~~~!!!
やってもうた・・・。
プラの薄い部分があるのに気付かず、ドリルの刃でグリグリしたら手に嫌な感覚・・・。
見事に円の形が崩れました。
とにかく溶きパテを全体に塗りまくり、1日様子を見ることに。
最悪パーツ交換も視野に入れて。


  こんなブログでも一応ランキングに参加してます。
 ↓もしこのお記事がお気に召しましたら1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その4

昨日穴あけに失敗した前照灯を復活させます。

IMG_1806.jpg
全体に溶きパテをたっぷり塗ってます。

慎重に時間かけてやすりがけして・・・

IMG_1834.jpg
復活!

IMG_1835.jpg
ク2502にも屋根上手すりを取り付けて、屋根上の加工は終了。

IMG_1809.jpg
継ぎ目消しで前照灯と同様溶きパテを塗ります。
が、やすりがけはまた次回行います。


IMG_1811.jpg
代わりに内装に着手。

IMG_1815.jpg
ウエイトにゴム系接着剤を塗り、

IMG_1816.jpg
接着。
接着剤がはみ出したりして汚いですがいいんです。
どうせ見えなくなるから。

IMG_1817.jpg
1㎜のプラ板を1.5㎜幅の棒状に切って画像のように枠を作ります。

これからプラ板で床を貼っていくのですが、
内装のはこちらの

IMG_1826.jpg
私鉄ガイドブックを参考に。

IMG_1832.jpg
モ830紹介欄にちょうどモ832のページに内装の写真が載ってます。

IMG_1825.jpg
拡大したのがこちら。
こんな感じに作ります。

IMG_1819.jpg
床は0.5㎜のプラ板を使いますが、旧型車の特徴でもある木目状のの床を作るには、

IMG_1821.jpg
こちらのPカッターを用います。

IMG_1823.jpg
等間隔にピーっと筋を入れていく。

IMG_1824.jpg
ちなみに筋を入れた後のクズはこんなにクルクル。

IMG_1827.jpg
木目状!

IMG_1830.jpg
これを先ほどの枠の上に接着すれば床は完成。

IMG_1831.jpg
意外と影が雰囲気出してる。


  こんなブログでも一応ランキングに参加してます。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その5

今回は地味な作業ばかり・・

IMG_1809.jpg
前回溶きパテで埋めた継ぎ目を消していくのですが、

IMG_1837.jpg
これがまた時間かかって・・・
特にモ832はリベットがあるためなかなか思うように進まず。
ちまちまちまちました作業・・・。

IMG_1842.jpg
前回、屋根上加工は終了としたのですが、画像のようにク2502の前照灯に赤矢印のような棒?(名称分からず・・)があるので追加でこれもやります。

IMG_1840.jpg
0.3㎜プラ板は出来るため薄くカット。
長さを調節して、

IMG_1841.jpg
前照灯に付ける。
結構太いように見えますが、これ以上細くするのは技術的に無理・・・。(んー取り付けない方が良かったかも・・)
これだけでもカット&貼り付けに2時間近くかかってます。

IMG_1844.jpg
これでようやく屋根を車体と接着。

車体はこれで塗装を残すのみ。
次回からは本格的に内装に入ります。
運転台・運転室仕切り・椅子(ロングシート)等。


  こんなブログでも一応ランキングに参加してます。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その6

今回もあまり進んではいないのですが・・・。

IMG_1846.jpg
前回、車体は塗装を残すのみと書きましたが、前面ステップの取り付けを忘れてました。
パテで埋まってしまった穴もあるので、再度0.3㎜で穴をあけ、

IMG_1746.jpg
以前紹介したレボリューションファクトリーのパーツを取り付けるのですが、

IMG_1850.jpg
ク2502は0.3㎜穴を2つ開けるスペースがないので0.5㎜穴を1つ開け2本同時に取り付けに変更。
本当は0.4㎜穴の方が良いのですが手持ちでないので・・。

IMG_1849.jpg
1つ切り取ったもの。
こいつを瞬間接着剤で取り付けます。

IMG_1855.jpg
取り付けたもの。
ちなみに、サボ受けにサボを入れるとこんな感じ。
行き先を変えるのがついつい楽しくなってしまいます・・。

IMG_1859.jpg
椅子の長さ・配置等を確認するためドア位置に印を付けておきます。

IMG_1857.jpg
印を付け終えた後。

IMG_1862.jpg
ダークグリーンの塗料を購入しました。
色の配分はまだ決めてませんが、これらの色の他に青色も多少も入れると良さそうです。
本当はアサヒペンのコロラドグリーンがベストなのですが、公式サイトを確認したところ廃番だそうで。
ん・・・非常に残念です・・。

IMG_1864.jpg
塗料を購入しに行った際に良さそうなやすりを発見。

IMG_1865.jpg
直径0.8㎜なので今後細かい作業に利用できそうです。


  こんなブログでも一応ランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その7

今回から本格的に内装に入ります。

まずは運転席の仕切り板から。

IMG_1876.jpg
左(仕切り板)は5㎜×13㎜、右(ドア)は4㎜×13㎜。
0.3㎜のプラ板を2枚張り合わせたものです。


IMG_1877.jpg
雰囲気としてはこんな感じ。

IMG_1882.jpg
ケガキをした窓部分を切り抜きます。

続いてク2502の運転席仕切り。
こちらはモ832とは形状が異なるので別に製作が必要です。

IMG_1883.jpg
0.3㎜のプラ板を14㎜×13㎜に切り取り、ドア部分のケガキをしたところ。

IMG_1884.jpg
ドア切り抜き。

IMG_1885.jpg
2枚を張り合わせたものに窓のケガキをします。(後から2枚張り合わせた意味は特にないです・・)

IMG_1886.jpg
そして窓部分の切り抜き&やすりで整形。

IMG_1888.jpg
ドア部分の製作。
0.3㎜プラ板を6㎜×13㎜に切り取り、窓のケガキをしたところ。

IMG_1889.jpg
窓の切り抜き。
これを先ほどのパーツに張り付けると、

IMG_1890.jpg
ク2502の運転席仕切りが完成。
若干近代的っぽい雰囲気あるけど・・・?

次にイスを製作します。

IMG_1870.jpg
1㎜のプラ板を3㎜幅の棒状にカット。
これが何になるかというと・・・

IMG_1825a.jpg
赤矢印で示したようにイスのふかふか部分になります。

IMG_1872.jpg
イスの長さに合わせてカットしたものを、やすりで角を丸めます。

IMG_1873.jpg
左が加工前、右が加工後。
右はあのふかふか部分っぽく見えますよね?
ね?
見えるということにして次に進みます。

IMG_1869.jpg
さらに1㎜のプラ板を2㎜幅の棒状にカット。
こいつがイスの土台部分になります。
同じくイスの長さに合わせてカットして、

IMG_1875.jpg
先ほどのパーツを接着。
イスになります。

IMG_1891.jpg
これで2両分。
2扉車と3扉車なので長さはそれぞれ異なります。
上半分が2扉車(モ832)、下半分が3扉車(ク2502)。

この状態では背もたれがないので、イスの製作は次回に続く・・・


  こんなブログでも一応ランキングに参加しています。
 ↓この記事がもしお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その8

イス作りの続きです。
背もたれの製作から。

IMG_1892.jpg
0.3㎜プラ板を4㎜幅にカットして、

IMG_1894.jpg
接着。
もちろんこれだけでは終わりません。

IMG_1896.jpg
0.5㎜プラ板を2㎜幅にカットします。

IMG_1899.jpg
四隅を削り、さらに全体をやすりがけして丸みを出します。
上2本は加工後、下2本は加工前。
・・・気持ちの問題か・・。
写真ではイマイチ伝わりませんね・・。

IMG_1900.jpg
そして接着。
イスのふかふか感が出るはず・・。

IMG_1901.jpg
全部接着したところ。

まだ終わりません。
ここまで来たらひじ掛けも作りたくなりせんか。

IMG_1906.jpg
0.3㎜プラ板を4㎜×3.5㎜にカット。

IMG_1910.jpg
そして接着。
整形は接着後に行います。

IMG_1912.jpg
全パーツに接着。

IMG_1947.jpg
カッターで余分な部分を切り取り、

IMG_1956.jpg
半円型やすりと先日購入した細工やすりを駆使して、

IMG_1964.jpg
ひじ掛けの形に整形。
旧型車独特の形状ですね。

IMG_1966.jpg
これでイスは完成。

次回は運転台を製作します。
運転台が出来れば塗装に入れる・・・はず。


  こんなブログでもランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その9

運転台を製作していきます。

IMG_1975.jpg
まずは0.3㎜プラ板を5㎜×5㎜にカット。

IMG_1977.jpg
次に1㎜プラ板を3㎜×2㎜にカット。
これをやすりで断面を楕円型にすればマスコンに。
ブレーキは1㎜プラ板を3㎜×1㎜にカットしたものを使います。

IMG_1979.jpg
5㎜×5㎜にカットしたプラ板に接着。

IMG_1982.jpg
0.2㎜真鍮線でマスコン・ブレーキ弁を作り運転台完成。

IMG_1981.jpg
イスも1㎜プラ板で製作。

そしてついに各パーツを取り付けていきます。

IMG_1970.jpg
まずは運転席仕切りから。

IMG_1974.jpg
手前はモ832、奥がク2502。

IMG_1983.jpg
取り付けるイス達。
運転台は塗装してから取り付けます。

IMG_1986.jpg
イスを取り付けていきます。

IMG_1987.jpg
ク2502運転台付近。
なかなか良い雰囲気出しているのでは?

IMG_1988.jpg
イスの取り付け完了。
ク2502
おお。

IMG_1989.jpg
モ832
イイ感じ。

IMG_1990.jpg
床下機器も取り付け。
出来るだけ継ぎ目・バリを除去して接着。

IMG_1992.jpg
リトルジャパンの床下機器パーツは非常にいいですね。
リアルさ満点。
GMのように流用しまくりではなく車種によって作り分ける所は非常に好感を持てます。

IMG_1994.jpg
カプラーはリアルさを求めてTNカプラーを用いますが、ボディマウントではなく台車マウントを用います。
先頭車ではボディマウントを用いるのが一般的ですが、取り付けには加工が必要です。
取り付けの加工は大したことはないのですが、このカプラーの一番の欠点はジャンパ栓・エアホースの取り付けができないこと。
カプラーの首振り範囲が広く、ジャンパ栓・エアホースに干渉してしまうのです。
さらに胴受けが大き過ぎて見た目を損なってしまいます。
実車と比べるとオーバースケールぶりは一目瞭然です。

IMG_1995.jpg
そこで台車マウントを用いれば、やはり実車よりは多少オーバースケールになってしまうものの、胴受けを小さくすることができ、見た目を良くすることができます。

IMG_1996.jpg
パーツの切り取り。

IMG_1997.jpg
組み立て。
もちろんこれを台車に取り付ける訳ではありません。(そんなことしたら余計首振りが大きくなってしまいます・・・。汗)
今回はタヴァサのTNカプラー用ポケットで固定します。
が、続きは次回に。


  こんなブログでもランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その10

TNカプラーの続きから。

IMG_2001.jpg
固定にはタヴァサの↑コレを使います。

IMG_2003.jpg
なんですが、このままではハマらないので、

IMG_2005.jpg
余分な部分をカット。(左:カット前、右:カット後)

IMG_2011.jpg
カプラーをはめたら画像のようにペンチでギュッとしめて固定。

IMG_2013.jpg
連結に問題なし。

IMG_2018.jpg
ネジ位置は実際にあててみて、

IMG_2021.jpg
端から4.5㎜の位置に1.0㎜穴をあけます。

IMG_2025.jpg
ネジ長の関係で車内まで貫通してます。

IMG_2026.jpg
そしてネジ止め。

IMG_2030.jpg
こんな感じです。

IMG_2035.jpg
渡り板との接触を避けるためカプラーの長さが実車より多少長いですが、これは仕方がないですね。
TOMIXから7000系の電連付きカプラーが分売されていますが、あれは長過ぎてあまり好きではありません・・。

IMG_2046.jpg
ステップを取り付けますが、使用するのはご覧の銀河パーツ。

IMG_2056.jpg
取り付け位置にヤスリで幅2~3㎜の凹みを。

IMG_2062.jpg
そして接着。

IMG_2039.jpg
アンチクライマーは塗装後に接着しようと思っていたのですが、エアホース・ジャンパ栓の設置時に必要でした。
胴受け等をカッターで除去します。

IMG_2042.jpg
除去しヤスリで整えたところ。

IMG_2052.jpg
タミヤセメントで接着。

IMG_2060.jpg
0.5㎜プラ板を1.5㎜×1.5㎜にカット。
これをどうするかというと・・

IMG_2065.jpg
胴受けに。
と言っても胴受けになってませんが雰囲気だけ・・。

IMG_2066.jpg
ジャンパ栓も同じく銀河パーツ。

IMG_2070.jpg
こちらは瞬間接着剤で接着。

IMG_2075.jpg
0.5㎜プラ板に0.5㎜穴をあけたもの。
こいつを

IMG_2078.jpg
ここに接着して、

IMG_2084.jpg
真鍮線を火で炙ってから曲げて接着。
良い感じです。

IMG_2085.jpg
また先ほどと同じものを作って、

IMG_2090.jpg
ここら辺に接着。
エアーホースの取り付け用です。

IMG_2091.jpg
エアーホースは銀河パーツを使えばアッという間なんですが、経費削減のため自作。
正直エアーホースは塗装してしまえば製品も自作も変わりません。
0.3㎜真鍮線を使っています。

IMG_2092.jpg
パテを使って、

IMG_2095.jpg
ペタペタ。
このままではポロっと取れてしまうので、瞬間接着剤をつけてカチカチに固めます。

IMG_2097.jpg
見た目ショボイですが、塗装してしまえば立派なものになります。

IMG_2104.jpg
開放テコも0.3㎜真鍮線で自作。

IMG_2103.jpg
同じように0.5㎜プラ板で取付け板を作って、

IMG_2106.jpg
接着と。
これで連結器周りが出来ました。
やはりジャンパ栓・エアーホースがあるとカッコ良く見えますね。


  こんなブログでもランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら1クリックして頂けると幸いです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その11

いよいよ塗装も近づいてきました。

IMG_2107.jpg
台車はGMの日車D型を使用。

IMG_2108.jpg
名鉄の旧型車の大半はこの台車で済みます。
もちろん3850系・3900系などの例外もありますが。

IMG_2110.jpg
先頭車にアーノルドカプラーは不要なので、バッサリ切り取ります。

IMG_2123.jpg
連結側もアーノルドでは寂しいので、KATOの密連形に交換します。

IMG_2126.jpg
実車とは形が異なりますがエアーホースも付いておりなかなか良くなると思います。

IMG_2130.jpg
間隔もこんなもんでしょうか。
塗装後に幌を付けるので丁度良い間隔だと。
あっ、窓越しに車内のイスが見えてイイですね。

IMG_2122.jpg
試しにパンタも乗せてみました。
連結器周りがあると引き締まった顔になる気がします。

IMG_2118.jpg
パンタ周り。
悪くないのでは?

IMG_2135.jpg
以上で加工終了。

さぁ、ついに塗装。
の前に下地処理は欠かせません。
本格的な塗装は次回からです。

IMG_2138.jpg
まずは中性洗剤で手の脂などをしっかり落とし、

IMG_2139.jpg
キレイに。
みずみずしい車体。

IMG_2141.jpg
ドライヤーでしっかり乾かしたら、サーフェイサーを吹いていきます。
使用したのはMr.ベースホワイト1000。

IMG_2143.jpg
うすめ液を入れてブクブク・・・
しっかり撹拌させます。

IMG_2144.jpg
さらっと車体に吹き付ける。

IMG_2147.jpg
内装・床下も同様。
乾いたら床の塗装に向けてマスキング。

IMG_2149.jpg
今回は床だけ塗装しました。
塗料はGSIクレオスのRLM79サンディブラウンです。

  にほんブログ村のランキングに参加しております。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その12(失敗編)

タイトル通り"失敗編"です。
自分の無知さから見事に大失敗を招いてしまい・・。
順調に塗装は続いていました。
、最後の屋根塗装で悲劇が待っており・・。


IMG_2158.jpg
運転席仕切り・ひじ掛けを塗装するためマスキングテープとゾルで保護。

IMG_2159.jpg
ココアブラウン(Mr.HOBBY)で塗装。
台車も同様です。

IMG_2154.jpg
貫通扉はRLM79サンディブラウン(Mr.HOBBY)で塗装後、マスキング。

IMG_2151.jpg
そしてメインのダークグリーン塗装。
ベースはスカイブルー(タミヤ)で、

IMG_2152.jpg
それに暗緑色(タミヤ)を加えていく感じ。
その他に渋さを出すためにニュートラルグレー(Mr.HOBBY)も加えます。

IMG_2153.jpg
・・・。
そのニュートラルグレーを加える際にビンを倒してしまい・・・
半分以上無くなりました。
これが後々の悲劇の前触れなのか?(いやいや、結果論に過ぎませんよアンタ・・)

IMG_2155.jpg
何度も試し塗りをしてやっと納得いく色が完成。

IMG_2157.jpg
そして吹く。

IMG_2315.jpg
車体をマスキング。

IMG_2324.jpg
まずはニュートラルグレーで塗装。
このままでは新製時のピカピカの状態です。
が、自分が作りたいのは車体が全体的に茶色く汚れた車体。
ということで次に茶色を吹いていく訳ですが、この茶色が悲劇を招く・・・。

名古屋に行く用事があったので、ついでに東急ハンズに寄り塗料コーナーを見ていたら、屋根上のサビを再現するのに良さそうな色を発見。
それがタミヤのフラットブラウン(XF-10)。
これはイイと思い喜んで買いました。

IMG_2325.jpg
そして吹いてみる。
この時点ではかなり良い感じに塗れているように見えます。

IMG_2355.jpg
塗装が乾きました。

ん?
・・・
・・・
え!?



IMG_2352.jpg
ぎゃ~~・・・!!!

もしやと思いフラットブラウンのビンを見ると・・・やはり・・・。
エナメル塗料とアクリル塗料の確認を怠っていたのが原因でした。(その前に模型用塗料にエナメル塗料とアクリル塗料の2つがあることを知らず・・。)
これらは水と油。
当然上手く色がのる訳ありません。
初めてビンの塗料を買ったのは東急ハンズ。
Mr.HOBBYの種類も豊富なので重宝していましたが、置いてあるのは何故がアクリル塗料のみ。(最近気が付いたこと)
Mr.HOBBYの塗料のみ買っていたので、自然とアクリル塗料を使うようになります。
その隣にタミヤの塗料も置いてあるのですが、そこは何故かエナメル塗料のみ。
そんな事も知らず、色だけで判断し購入、そして塗装。
先に塗装したニュートラルグレーはMr.HOBBYのアクリル塗料、その上から塗装したフラットブラウンはタミヤのエナメル塗料。
結果はご覧のとおりです。
では何故ダークグリーンを調色する際に、タミヤのスカイブルー・暗緑色とMr.HOBBYのニュートラルグレーが分離せず混ざったのか。
それはスカーブルーと暗緑色は岐阜のタムタムで購入したのですが、ここではたまたまアクリル塗料を購入していたのです。
よって、分離することなく上手く塗装出来たということです。
いずれにしろ、自分が無知であったことから招いた失敗に変わりはありません。
違う方向から考えればいい経験をしたということです。
今後気を付けます。

そんなことより今後の対処方法を考えなくては・・・。
ダークグリーンが納得いく色だったためにIPAプール漬けにするにはかなり躊躇。
屋根だけ塗装を落とすか、それともさらに上から塗装してひび割れっぽいのを埋めるか。
ん・・・これはかなり悩みます。
明日から天気が怪しくなるそうなので、どっちにしろ塗装は2~3日後に延期。
何かご意見などあれば・・。


  にほんブログ村のランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その13

昨日はテレビ中継で某球団監督が胴上げされる姿を見ていました。
阪神ファンですからもちろん私の一番嫌いな球団です。
しかし明日(25日)はナゴヤドームに阪神戦の観戦に行くので、昨日優勝を決めて欲しかったというのが認めたくはないですが本音です。
昨日中日が勝っていたら巨人のマジックは1ですから、"明日阪神を応援する"="巨人の優勝を後押しする"ということになってしまい何とも微妙な気持ちで応援しなくてはなりません。
明日テレビ放送があるかは分かりませんが、オパール最前席でメガホン叩いてますので見かけましたら。(笑)
ちなみに前回応援しに行った時(8/6)は、レフト線のタイムリーが出た際に大喜びしている姿が映ってました・・。(苦笑)


さて、前回の塗装失敗記事に関して知り合いの方々からコメント及びメールを頂きまして、ありがとうございました。
やはりIPA漬けするしかないようですので塗装を剥がしていきます。
今回はそれだけ。(汗)
サーフェイサーは次回以降です。

IMG_2412.jpg
何か画質悪いですね・・?
最近急速に広がったイソプロピルアルコール(IPA)ですが、塗装剥がしに用いるには成分が99%以上のものでないと使い物にならないようです。
ディーゼル用で70%程度のものも見かけますが、そいつはダメ。
カー用品店でも売ってますが、ホームセンターの方が安く買えます。(必ずしもホームセンターの方が安いとは言い切れませんが。)

IMG_2383.jpg
未だに名残惜しいですが・・・仕方がないです。
写真のIPAは使い回ししているため着色していますが、新品は無色透明です。

IMG_2391.jpg
1分後・・。
早っ!
完成品では5~6時間(長いと24時間ほど?)かかりますが、自分で塗装したものはあっという間に落ちます。

IMG_2393.jpg
一応1時間放置。

IMG_2392.jpg
かなり落ちました。
そしてブラシでゴシゴシ・・・

IMG_2400.jpg
はい、キレイに塗装が剥がれました。
車体と内装はね・・・。

IMG_2403.jpg
・・・。
台車はブラシでゴシゴシゴシゴシ・・・かなりやったんですが、細かい所が多くてなかなか落ちず。
仕方がないんで乾いたらシンナーで溶かし落とします。

IMG_2407.jpg
・・・。
ブラシでパーツが折れてどっか行ってしまった・・。
後ほど真鍮線で補足しておきます。

IMG_2410.jpg
一日日干しして乾燥するのを待ちます。

この間に1600系のTN化は進んでおり、まとまり次第ブログにUPする予定です。


  にほんブログ村のランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その14

久しぶりにこいつの作業です。
しばらく不安定な天気が続いたのでなかなか再塗装出来ませんでしたが、今日(24時を過ぎているので正確には昨日)は朝からカラッと晴れていたのでやる気が出ました。
鮮やかなスカーレットを塗装するわけではなく、渋い緑の塗装なので曇り程度なら逆に良い感じに出来たかもしれませんが、なんせやる気が起きず・・・。(汗)
早ければ、今日・明日で塗装を終わらせるつもりです。

塗装手順は前の失敗編と何ら変わりありません。

IMG_2538.jpg
まずはサーフェイサーを。

IMG_2540.jpg
車体もサラッと吹く。

IMG_2542.jpg
床はサンディブラウン(Mr.カラー)で塗装。

乾くのを待つ間に車体を塗装。

IMG_2563.jpg
さて名鉄のダークグリーンを調色しますが、用いるのはこちらの3色。
左からニュートラルグレー、暗緑色(中島系)、スカイブルー。(いずれもMr.カラー)
(中島系というのはよく分かりませんが。戦艦か何かでしょうか・・)

IMG_2543.jpg
それぞれ混ぜて出来た色がこれ。
前回同様スカーブルーをベースにしていますが、各色の配分は忘れました。(笑)
名鉄のダークグリーンは車両によって色褪せ具合がかなり異なるので、あえて配分は記録しない方がいいかも分かりませんね。
ちなみにこの色は、色が褪せてきて車体に青味が出てきた頃をイメージしてます。

IMG_2545.jpg
車体に吹く。
何か前回より良い色の気が・・?

IMG_2548.jpg
マスキングして屋根をニュートラルグレー(Mr.カラー)で塗装。

IMG_2553.jpg
床下機器・台車も同じニュートラルグレー。

IMG_2550.jpg
一方、ベンチレータは明灰白色1(Mr.カラー)で塗装。
屋根と同じ色ではつまらないので色分けします。
どうせウェザリング塗装すれば変わらなくなるのですが・・。
気分の問題ですね。

IMG_2556.jpg
乾燥したらタミヤセメントで接着。

IMG_2559.jpg
新製時はこんな感じだったのだろうか?

IMG_2561.jpg
こんな新製時の状態は今日中だけ。
明日になれば錆色に汚れているでしょう。
確かにピカピカの状態も悪くはないのですが、旧型車を作るなら使い込んだ感じの方が良いと個人的には思ってます。

ということで、次回は内装の続きとウェザリング塗装をします。
何か1つ忘れているような・・・?


  にほんブログ村のランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その15

先日の日曜の作業を今頃UPします。

前回の記事の終わりに「何か忘れているような」とありましたが、実はその時に既に気付いてました。
ついでにダークグリーンを吹いた時に「しまった!」と思ってました。
貫通扉の塗装を忘れたことを・・・。
大きなミスではないため、さすがにまた塗装を剥がすことは考えず、ダークグリーンの上から塗装します。
多少厚塗り感は出てしまうものの、塗らないよりはマシかと。

IMG_2567.jpg
旧型車の貫通扉は枠の形状が凸凹と厄介で・・。
細く切ったマスキングテープを写真のように貼って塗料の侵入を防ぎます。
ちなみにマスキングテープは2㎜・4㎜幅など模型用にいろんな幅のものが売られてますが、割高感を非常に強く感じるため、ホームセンターで18㎜のものを買って必要な幅に切って利用しています。
18㎜×18mが7個セットで700円程度で買えるのですから模型用をわざわざ買うなんて・・・
と個人的には思います。

IMG_2568.jpg
車体に飛び散らないように全体を保護。

IMG_2574.jpg
サンディブラウン(Mr.カラー)を吹きました。
思っていたより厚塗り感がなく、まぁ良しとします。
その前に実際旧型車の貫通扉はこんな色だったのか・・・?
手元には貫通扉の色に関する資料がなく・・・(どれも白黒写真・・)
木製のイメージだったのでこの色にしましたが・・。

IMG_2579.jpg
さて、屋根・床下機器類のウェザリング。
まずはマスキング。

IMG_2583.jpg
フラットブラウン(タミヤ)を吹きました。
屋根の中心線上・ベンチレータ・前照灯はあまり汚れず、逆に屋根の端部はよく汚れてます。
そこら辺を考慮しコンプレッサーの圧を低くして塗装します。
また、うすめ液は少なめに入れて濃い目の塗料で吹くことでサビっぽさが出てきます。(と自分では思ってます・・)

IMG_2581.jpg
床下機器・台車も同様。

IMG_2584.jpg
前回で床の塗装は済んでいるので今回は各部の塗装。
このようにマスキング。

IMG_2585.jpg
これだけ2両分のマスキングに1時間半かかってます・・。
私の作業がトロいのかこれが普通なのか。

IMG_2587.jpg
当初は艦底色(Mr.カラー)で塗装しようと考えていましたが、思っていた以上に赤味が強かったのでフラットブラウン(タミヤ)も混ぜました。

IMG_2590.jpg
そして吹く。

IMG_2591.jpg
今度は思ってた以上に黒味が強い・・?

IMG_2592.jpg
イスの色を塗れば様になるでしょう。

IMG_2593.jpg
イスの色を調色。
名鉄スカーレットでいつも使用するモンザレッド(Mr.カラー)とセミグロスブラック(Mr.カラー)を混ぜてます。
何故こんな所で調色しているかというと・・・
筆塗りするからです。
もちろんこれだけでは筆ムラが酷いので、塗料にMr.リターダーマイルドを加えています。
Mr.リターダーマイルドは「乾燥時間を遅くして筆ムラをなくす。光沢色の光沢が飛躍的にアップ。かぶり防止にも最適。」だそうです。

IMG_2596.jpg
筆で塗りました。(正直言って手抜き・・?)

IMG_2598.jpg
まるでエアブラシで塗ったかのよう・・・とまではいきませんが、筆ムラ防止にはかなり有効的です。

IMG_2602.jpg
あっ・・!
手が滑った・・。

IMG_2604.jpg
筆で修正修正・・。

IMG_2600.jpg
運転台・運転席も塗装。

IMG_2619.jpg
タミヤセメントで接着。

IMG_2611.jpg
モ831運転台。

IMG_2608.jpg
ク2502運転台。
Nなんでこんなもんしかできません。
そりゃもっと凄いのを作る方もいますよ。
いますけど・・・。

IMG_2628.jpg
屋根の塗装が乾いたらPT43パンタ(グリーンマックス)を接着。

IMG_2622.jpg
前面の各塗装。
写真はモ831。
アルミサッシ・前照灯内部はクロームシルバー(Mr.カラー)、アンチクライマー・解放テコは明灰白色1(Mr.カラー)、その他ホワイト(Mr.カラー)、セミグロスブラック(Mr.カラー)を使用。

IMG_2626.jpg
ク2502。
だいぶ印象が変わりました。


いよいよ完成が近づいてきました。
あとは車番貼り・車体全体のウェザリングなどが終わればクリアーで保護する訳ですが、同時に台風も近づいてきました・・。
クリアーは少なくとも土日まで待たないといけないようで。
ということで、今週末に完成予定です。


  にほんブログ村のランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その16

今日の試合で阪神のCS進出の可能性は消滅しました。
つまりは4位が確定したということです。
真弓監督の采配に関して疑問を感じたことは多々ありますが、ヤクルトとの最終2連戦の初戦(つまり昨日の試合)でなぜ安藤を先発させたのか。
それが今の一番の疑問です。
最近の安藤の無残な投球内容をみれば負ける確率が高いのは明らかです。
久保なり他に先発させる投手はいたでしょう。
2連勝しなければCS進出の可能性がほとんどなくなるという非常に大事な初戦で安藤先発とは・・・。
しかも相手の先発は館山。
正直この時点でCS進出は半分諦めていました。
まぁ結果論なのであーだこーだ言っても仕方がないのですが・・・非常に残念です。


さて、今日はまだ完成ではありません。
というか、あれから大して進んでません。(汗)

IMG_2635.jpg
ク2502は戸袋がHゴムなので色挿しを行います。
一応マスキングテープで周りを保護。

IMG_2670.jpg
セミグロスブラック(Mr.カラー)で色挿し。
アルミサッシはそうでもないですが、戸袋の色挿しは一番難しい・・・と個人的には感じます。(ハイ、戸袋の色挿しは苦手デス・・・)
ん?このドア・・・シルを境に妙な形をしてます・・。
この写真を見るまで気が付かなかった・・。

IMG_2659.jpg
幌は付けようか迷ったものの、見た目が良くなるので。
KATOの「品番Z05-0808 5085 ホロ(灰)」を使用します。
ちなみに20個入りで定価420円です。
右は製品そのまま、左2つは取り付け用に余分な部分を除去してます。

IMG_2662.jpg
瞬間接着剤で取り付けました。

IMG_2638.jpg
そして車番。
リトルジャパンから発売されているものです。

IMG_2649.jpg
転写ペンで軽くゴシゴシやるとこんな感じになります。

IMG_2658.jpg
前面もこんな感じ。
粗が見えてしまうので正直なところあまりアップしたくはない!?


次回で完成になるのでしょうか。
どうなんでしょうね。


  にほんブログ村のランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン(会場限定品) 名鉄「モ832+ク2502」を作る その17(終)

いよいよ今回で完成です。
車体のウェザリング、クリアーを吹いていきます。

IMG_2673.jpg
主にに用いるのはこのパステル(ダークブラウン)。
他にタミヤウェザリングマスターをちょこちょこ使います。

IMG_2675.jpg
パステルはこのようにうすめ液を加えて筆で車体に塗っていきます。

IMG_2679.jpg
前面はこんな感じでしょうか。
当たり前ですが、アンチクライマー・渡り板・幌付近が汚れるのでそこらを重点的に汚してます。
あとは側板・妻板も汚していき、

IMG_2676.jpg
スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)で車番・汚れが落ちないように全体を保護。(床下機器も同様。)

IMG_2683.jpg
窓ガラスはこんな感じで両面テープを貼って固定します。

IMG_2688.jpg
アルミサッシに0.3㎜穴をあけてワイパーを取り付け、ヘッドライトレンズ・テールライトレンズを組み込めば、完成!
ちなみに、
・ワイパー:クロスポイントの名鉄7700・7300系エッチングパーツ
・ク2502のヘッドライトレンズ:タヴァサの250Wレンズ
・テールライトレンズ:タヴァサのテールライトレンズA
をそれぞれ使用。
レンズが入ると入らないでは印象が全く異なります。

IMG_2760.jpg
全体。(右側)
この汚れ具合が個人的には好きです。

IMG_2763.jpg
前面アップ!
こんな感じに汚してます。

IMG_2711.jpg
前面。(左:モ832、右:ク2502)
ちなみにワイパーの向きを変えたのは故意的です。

IMG_2703.jpg
モ832顔。

IMG_2702.jpg
ク2502顔。

IMG_2808.jpg
連結面。
問題なし。

IMG_2715.jpg
屋根上。

IMG_2717.jpg
配管の様子。(左側)

IMG_2776.jpg
同じく配管の様子(右側)

IMG_2726.jpg
ベンチレータの違い。

IMG_2723.jpg
モ832の前照灯。
レンズがイイなぁ。。。

IMG_2720.jpg
ク2502の埋め込み式前照灯。
こう見ると屋根と前照灯との隙間をパテで埋めた甲斐があったように思います。
前照灯側面の棒状のものをプラで追加したのもなかなか効果があったようです。
取り付け当初はどうかなと思いましたが。(汗)

IMG_2758.jpg
モ832とク2502との屋根の形状の違い。(左:モ832、右:ク2502)

IMG_2729.jpg
妻板。

IMG_2735.jpg
妻板2。
アンチクライマー・幌を重点的に汚しています。

IMG_2767.jpg
継ぎ目もなし。

IMG_2745.jpg
前面の継ぎ目もなし。

IMG_2742.jpg
モ832側板の車番。
それにしてもリベットでかいなぁ・・。

IMG_2738.jpg
ク2502側面の車番。
実車でもたまにこのようなアングルで撮りますよね。

IMG_2749.jpg
台車。
日車D型を使用。

IMG_2753.jpg
モ832側面。

IMG_2751.jpg
ク2502側面。

IMG_2784.jpg
行き先サボはこんな感じで遊べます。
これがまた面白くて・・。(汗)
サボは2枚貼り合わせてるので、裏返せば別の行き先が。
写真のサボはグリーンマックスのものです。
リトルジャパンキット付属のサボは幅が細くて使えないのが残念です。(マイクロも同様)
グリーンマックスのサボでも5500系キット付属のものは逆に幅が大き過ぎて使えず・・。

IMG_2813.jpg
グリーンマックスのサボというのはこいつです。

IMG_2788.jpg
そして内装。

IMG_2794.jpg
イイですね。。(自画自賛というのはこのこと?)

IMG_2803.jpg
人形乗せるとイイかも。

IMG_2797.jpg
運転席付近。
チラリと見えるマスコン。

IMG_2800.jpg
運転席。


ここからはオークション用です。

IMG_2786.jpg
床下の取り外しですが、黄色の丸で囲んだ所のように解放テコがあるので後ろの床を上げた後、赤矢印の方向へずらすと外せます。
床をはめ込む時はその逆です。

IMG_2811.jpg
鉄道模型用ケースではありませんが。
輸送中に破損しないように十分梱包します。

IMG_2812.jpg
蓋を閉じるとこんな感じ。


オークション用終わり。


只今、Yahoo!オークションに「モ832+ク2502」を出品しております。
もしご興味がありましたらこちらからご覧ください。
製作費用+αの価格から開始させて頂きます。(さすがに製作費用だけでは今までの苦労が・・。汗)

一応、製作費用をまとめてみました。
・キット:¥4410
・台車(日車D型):\420×2=¥840
・パンタ1個(PT43):¥315
・サボ受け(トレジャータウン 私鉄用正面サボ受け):約23
・モ832ヘッドライトレンズ1個(タヴァサ 250Wレンズ):¥105
・ク2502ヘッドライト1個(銀河 N-011):¥125
・テールライト(タヴァサ テールライトレンズA):¥210
・カプラー(TOMIX 密自連形TNカプラー、タヴァサ TNカプラーポケット):約¥70
・車番(リトルジャパン 800形用インレタ):¥900
・ワイパー、手すり等(クロスポイント 7700・7300系エッチングパーツ):¥420
・幌(KATO 5085 ホロ(灰)):¥42

合計:¥7440
でした。
あと屋根上手すりにタヴァサパーツも使用してました。



次回からはどうしましょう。
7300系の続きでも。


  にほんブログ村のランキングに参加しています。
 ↓もしこの記事がお気に召しましたら下のバーナーを1クリックして頂けると幸いです。よろしくお願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

羽黒駅

Author:羽黒駅
愛知県在住で某国立大学を卒業後、この春から社会人となる。
鉄道で興味あるのは何故か地元を走る名鉄だけで、取り扱っている鉄道模型も名鉄車両がほとんど。
名鉄の中でも特に興味があるのは昭和の時代を走った旧型車。

野球は大の阪神タイガースファンで、年に2~3回はナゴヤドームへ観戦に行く。
音楽鑑賞も趣味の一つで、好きなアーティストは「スキマスイッチ」「BUMP OF CHICKEN」「Mr.Children」「スピッツ」「Every Little Thing」「いきものがかり」など。
ロック好きな友人の影響でその他いろんな音楽を聴いており、ライブも年に数回は行く。

愛車は「マツダ アクセラスポーツ」。
車を持つようになってから車にも興味を持つようになり、今後いろいろイジッていく予定。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。