スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルジャパン 名鉄3850・3900系用台車(FS107・FS13)レビュー

本日、リトルショールームへ行ってきました。


そして買ってきたのが、


IMG_1205.jpg
12月16日に問屋への発送が始まった「名鉄3900系 台車4両セット」。
ショールームの方曰く、「明日以降に各模型店でも購入できるのではないか」とのこと。
今日行ったときはこれが最後の1セットでしたが、来週以降はショールームでの購入も可能かと思います。

では、一足早く(?)購入できた台車のレビューを。

IMG_1212.jpg
台車はFS107とFS13が各4個の1編成(4両分)のセットで価格は1200円。
車輪は別売のため、TOMIXなりKATOなり各自で用意する必要があります。


IMG_1208.jpg
FS107とFS13は混ざらないよう別封されてます。


IMG_1213.jpg
パッケージ裏側。


IMG_1216.jpg
開封~。


IMG_1222.jpg
FS107。
試作品の段階で非常に折れやすかった両端の突起部分はモールドを太くすることで対処したようです。
ただ、折れやすいことには変わりないので取り扱いには注意が必要ですね。


IMG_1226.jpg
そして試作品の段階でも見れなかったFS13。


IMG_1230.jpg
今日、担当者の方から聞いて初めて知ったのですが、FS107とFS13は車軸間隔が異なるんですね。
また、その車軸間隔の調整で台車の発売が遅れてしまったとのこと。


ちなみに・・

IMG_1235.jpg
鉄コレに付属の台車枠(FS107)と比較。
上:リトルジャパン
下:鉄コレ

Img_1258.jpg
こちらが実車。(私鉄電車のアルバム1B より)
どちらも気になる箇所はありますが、鉄コレは省略されている部分もあり、全体的に見ればリトルジャパンの方が勝ちですかね。


Img_1261.jpg
ついでに3400系のものですがFS13も。(私鉄電車のアルバム1B より)


IMG_1242.jpg
次にGM台車との比較。
台車の構造としてはほとんど変わりありません。

ただ、ぱっと見で台車取り付け部分の直径が少し異なるかなと思ったため、

IMG_1245.jpg
ノギスで測定。


IMG_1248.jpg
リトルジャパン:3.10mm


IMG_1251.jpg
GM:2.95mm

わずかにリトルジャパンの方が大きいようです。
ただ、ビス止めするにしても径を拡大するので全く問題はないでしょう。


IMG_1252.jpg
車輪は予め購入しておいたTOMIXのものを。


IMG_1254.jpg
車輪をはめました。
ここで1点気になったのが、FS13の方が車輪の転がりが悪いこと。
FS107は傾斜を勢い良く転がっていくものの、FS13の方は転がらず。
指で車輪を回しても回り具合が全く異なります。
1つだけかと思ってFS13を4つとも試しましたが同じ。
FS13に車輪と取り付ける際は穴を多少広げるなど対策が要るでしょう。
(※次回ショールームへ行ったときに担当者の方に聞いてみます。)

リトルショールームですが、1月1日(元日)以外は普段通り営業するとのことです。


これで3900系の製作も再開なるか!?
いや、再開しなくてはいけません。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

羽黒駅

Author:羽黒駅
愛知県在住で某国立大学を卒業後、この春から社会人となる。
鉄道で興味あるのは何故か地元を走る名鉄だけで、取り扱っている鉄道模型も名鉄車両がほとんど。
名鉄の中でも特に興味があるのは昭和の時代を走った旧型車。

野球は大の阪神タイガースファンで、年に2~3回はナゴヤドームへ観戦に行く。
音楽鑑賞も趣味の一つで、好きなアーティストは「スキマスイッチ」「BUMP OF CHICKEN」「Mr.Children」「スピッツ」「Every Little Thing」「いきものがかり」など。
ロック好きな友人の影響でその他いろんな音楽を聴いており、ライブも年に数回は行く。

愛車は「マツダ アクセラスポーツ」。
車を持つようになってから車にも興味を持つようになり、今後いろいろイジッていく予定。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。