スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルショールーム訪問(2013.3.17版)

え~大変お久しぶりです。(汗)
前回の更新が昨年の5月ですか。
自分でもこれほど更新が滞ってしまうとは思ってもいませんでした。。
仕事の関係上でこうなってしまったんですが、今もその状況は変わっておらず、本格的なブログの再開は5月頃?までは難しそうです。
そして明日からは1週間夜勤で生活が12時間反転します・・。
ただその分WBCの準決勝・決勝をLIVEで見れるのでそれはそれで良いのですが。(笑)

あちらの方のブログでは紹介されていましたが、主に名鉄旧型車・P車のドレスアップを目的としたエッチングパーツを出しました。(まぁ私はあーだこーだ口出ししただけなんですけど(笑))
ホームページもありますのでもし興味がありましたらご覧下さい。
・愛東模型車両企画(仮)
http://www11.ocn.ne.jp/~aito/
一部在庫切れのものもありますが、今後は修正版およびデキ400用のエッチングパーツの配布を予定しています。


さて、リトルジャパンから名鉄デキ400形が出るので、本日ショールームへ行き試作品を確認してきました。


DSCN0900.jpg
更新前と更新後の2種類が発売されます。(更新前:奥、更新後:手前)


DSCN0901.jpg
更新前:上、更新後:下
配管は簡易的な表現で留めてあります。
更新時にシル・ヘッダーが撤去された際、屋根上のリブも撤去された思っていましたが実際にはそのまま残ってるようです。
キングスホビーのキットではこのリブがありませんが、こちらではしっかり再現されています。


DSCN0902.jpg
更新前:左、更新後:右
最初デキ400をプラで作ると聞いたときは、手すりやハシゴがかなりボッテリした残念な感じになっちゃうんじゃないかなと心配していたのですが、思ったほどでもなく全体的にはかなりバランス良くまとまっています。


DSCN0903.jpg
側面も良い感じです。
Hゴムの表現がやや大げさな気もしますが、プラなら仕方がないでしょう。
独特な台車は更新前と更新後でしっかり作り分けられてます。


DSCN0904.jpg
キットの内容です。


DSCN0905.jpg


DSCN0906.jpg
あとは塩ビ板・車番のインレタとゼブラ塗装部分のデカール・説明書が付属します。


DSCN0907.jpg
台車枠を組むとこんな感じになります。(T車の場合)


DSCN0911.jpg
M車+T車の場合はワールド工芸の組み立て済み動力が付属します。
画像は試作のも動力で車軸間との距離が異なるなど実際発売されるものとはいろいろ相違点があるようですのであくまでも参考程度に。


DSCN0908.jpg
台車枠の固定方法ですが、


DSCN0910.jpg
ビスで止める仕様になるようです。


T車+T車のキットに関しては今週水曜(20日)頃に店頭に並ぶようです。
塗装は若干面倒な箇所もありますが、かなり良いキットだと思いますのでみなさん是非お手に取ってみてください。(笑)
M車+T車は動力の供給が遅れているらしくあと1ヶ月ほどかかるようです。
動力だけの発売もされるようですので、先にT車+T車を買って組んでおくのもアリかと思います。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

羽黒駅

Author:羽黒駅
愛知県在住で某国立大学を卒業後、この春から社会人となる。
鉄道で興味あるのは何故か地元を走る名鉄だけで、取り扱っている鉄道模型も名鉄車両がほとんど。
名鉄の中でも特に興味があるのは昭和の時代を走った旧型車。

野球は大の阪神タイガースファンで、年に2~3回はナゴヤドームへ観戦に行く。
音楽鑑賞も趣味の一つで、好きなアーティストは「スキマスイッチ」「BUMP OF CHICKEN」「Mr.Children」「スピッツ」「Every Little Thing」「いきものがかり」など。
ロック好きな友人の影響でその他いろんな音楽を聴いており、ライブも年に数回は行く。

愛車は「マツダ アクセラスポーツ」。
車を持つようになってから車にも興味を持つようになり、今後いろいろイジッていく予定。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。