スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルジャパン 名鉄3800系(ウインドシル撤去車)を作る その12

今回は車番を転写していきます。


で、今回のモデル(高運・シル無しヘッダー有り・扉間クロス)は3821Fと3827Fが該当しますが、

IMG_0454.jpg
リトルジャパン(右)のインレタには収録されていないので、今回は鐵工房(左)のインレタを用います。


IMG_0458.jpg
この2つで晩年(S59~63)まで活躍した3800系は網羅することになります。
S40年代に各地へ譲渡された編成は各自で並び替えるしかないです・・。


IMG_0467.jpg
画像上部(3833・2833):鐵工房、画像下部(3835・2818):リトルジャパン
それぞれの比較。
鐵工房の方が車番のサイズが小さいですが、表現が繊細なうえ光沢があります。


ただ、試しに転写してみたところ・・

IMG_0484.jpg
各社のインレタに比べて脆く、定着しにくいという特徴があるようです。
各社の接着面は糊っぽくベタベタした感じがありますが、鐵工房のインレタは非常にサラッとしていて、最初はこれで転写出来るのかと思ったほどでした。


IMG_0470.jpg
なので、当初はいつものようにこのように転写しようかと考えていましたが止む無く転写方法変更・・。


IMG_0489.jpg
車番ごとに切り取り、


IMG_0490.jpg
セロハンテープに貼って、


IMG_0500.jpg
しっかり固定したうえで転写を行いました。


IMG_0504.jpg
こんな感じです。


しかし・・

IMG_0493.jpg
慎重に作業を行なっていたにも関わらず、片方の「3821」の"8"と"1"が切り取る段階でやられました・・。
ん~結構扱いが難しいです・・。


IMG_0505.jpg
ダメ元でクロスポイントの汎用ナンバーを取り出してみる。


IMG_0511.jpg
比較してみる・・・ってあれ!?
サイズも字体も全く同じ・・。
「3」だけでなく他の数字も全く同じでした。
鐵工房さん、そういうことですか~。(笑)


IMG_0522.jpg
ということで、「3821」の一つはクロスポイントの汎用ナンバーを並び替えることで代用。


IMG_0531.jpg
全くと言っていいほど違いが分かりません。(これが良いのか悪いのかは別として・・)


IMG_0546.jpg
前面の車番はどちらも問題なく転写完了~。
ちなみに今回製作した模型はアルミサッシの銀塗装を行う際に、乗務員扉の窓枠を「山側:アルミサッシ、海側:木枠」で塗り分けたので該当する編成は3821Fのみとなります。
3827Fは山側・海側共にアルミサッシです。


次回はクリアー塗装・各パーツの取り付け・ウェザリングを行なっていよいよ完成です~。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン 名鉄3800系(ウインドシル撤去車)を作る その11

多忙な2月が終わり、ようやく一段落済んだところで模型製作の再開です。
(※この間にコメント頂いた方、返信が遅れてしまい申し訳ありませんでした。)
3月は少し余裕のある日々を過ごせそうなので、模型活動も活発になることでしょう?
ちなみに18~22日は卒業旅行としてグアムへ行ってきます~。
そう、綺麗な海でマリンスポーツと買い物を楽しんできます。


では、塗装4日目~。
今回は筆塗りおよび烏口での作業です。

IMG_0295.jpg
屋根上手すり・配管・避雷器などをクレオス「明灰白色1」にリターダーマイルドを加えて筆塗り。


IMG_0304.jpg
アンチクライマーと


IMG_0307.jpg
乗務員用ステップも同様に。


IMG_0310.jpg
窓枠はクレオス「クロームシルバー」で筆塗り。


IMG_0473.jpg
ドアレールも同様。
Hゴムはクレオス「ブラック(黒)」で、


IMG_0321.jpg
このように烏口を使って塗ります。
ただ、烏口では"R"は塗りにくいので、適宜筆塗りもしています。


IMG_0325.jpg
エアーホースはクレオス「ブラック(黒)」「ホワイト(白)」「モンザレッド」で、


IMG_0328.jpg
ジャンパー栓管はクレオス「ブラック(黒)」で筆塗り。


IMG_0333.jpg
運転席は乗客用イスと同じ"調色した色"を。


IMG_0339.jpg
運転台もそれなりに・・。


IMG_0292.jpg
筆塗り作業が終わり、乾燥したらベンチレータを取り付け。


次回は車番を転写します。
今後の流れとしては、車番を転写した後「クリアー塗装」と「ウェザリング」で完成の予定です。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン 名鉄3800系(ウインドシル撤去車)を作る その10

今日の帰りは雪で大変でした・・。
いつもの倍の2時間かけての帰宅。
堤防は真っ暗なうえ、ものすごい風と雪で視界は最悪。
車の運転で初めて恐怖を感じた一日でした。(汗)



塗装3日目です~。
本日はイスの塗装の続きを。

IMG_0342.jpg
イスのカバー部を塗装するためマスキング。


IMG_0345.jpg
これで準備万端。


IMG_0349.jpg
クレオスの「ホワイト(白)」を吹き付けます。


IMG_0353.jpg
乾燥したらマスキングテープを剥がす。


IMG_0359.jpg
こんな感じ。


IMG_0366.jpg
肘掛けもクレオスの「ホワイト(白)」で筆塗り。


IMG_0362.jpg
続いてロングシートを。
先にクレオス「畳色」を塗っていましたが、マスキングが大変だということに今頃気付き塗装手順変更。
以前調色した青色を塗り、マットの部分をマスキング。


IMG_0445.jpg
そしてクレオス「畳色」を吹き付け。


IMG_0452.jpg
乾燥後、マスキングテープを剥がしました。
これでイスの塗装は終わり。


次回は配管やアルミサッシなどの筆塗りを行います。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン 名鉄3850系 半鋼製車体更新車 未塗装キット レビュー

先週末(22日)にリトルショールームへ行き、17日に発売になった3850系を買ってきました。
ということで、3900系の時と同様にキットのレビューです。


IMG_0368.jpg
箱全体。


IMG_0371.jpg
表紙の写真が一般流通品では初めてカラーになりました。(850系キットは限定品であり一般流通はしていない。)


IMG_0374.jpg
FS107台車枠が付属するため、今までのキットよりは高めです。
全鋼の3857F・3859Fを除いた半鋼車が対象のキットです。
3900系キット発売前に担当者の方にお話を伺ったときは"全編成が製作可能"の予定でしたが、半鋼車のみとなりました。


IMG_0375.jpg
開封~。


IMG_0378.jpg
中身全体。


IMG_0379.jpg
床下・屋根類は3900系同様のためレビューとしてはパスして、


IMG_0380.jpg
3900系とは異なる側板・妻面を見ていきましょう。


IMG_0384.jpg
「ク」用の側板。
シル有りヘッダー無しですが、


IMG_0387.jpg
よく見るとヘッダーの跡が・・。


IMG_0390.jpg
乗客用扉付近も・・。
車端に向かうに連れて"跡"が薄れていきますが、組み立てる際はちゃんと処理しなくては。


IMG_0399.jpg
雨樋もモールドの処理が甘いためか少し頼りない感じ。
残念ながら直線的な形状では・・。


IMG_0412.jpg
続いて「モ」の側板。
こちらは「ク」とは異なり、シル・ヘッダー共に無し。


IMG_0415.jpg
「ク」の側板では存在した"跡"もなく良好です。


が、一点ミスが・・。

IMG_0421.jpg
ドア知らせ灯の位置が異なります。
本来はこの位置ではなく、

IMG_0423.jpg
ここになるはず。
これに関しては担当者の方も悔しい思いのようで・・。
ただ、ペアーハンズのドア知らせ灯パーツを使うなどすれば修正は十分可能です。


それより今回のキットで気になったのが、

IMG_0441.jpg
側板の所々に見受けられる傷のようなもの。


IMG_0444.jpg
こっちにも。
このような"傷"は過去のキットでは見られなかった気がします。
この辺りもヤスリで処理しておかなくては塗装後に意外と目に付くと思います。


IMG_0438.jpg
前面と妻面。


IMG_0404.jpg
「モ」用の妻面。


IMG_0433.jpg
「ク」用の妻面。
釣りバネの表現はなくても良い気がするのは私だけでしょうか・・?


IMG_0408.jpg
前面は3900系キットの流用であるため、3850系を作る際には雨樋の削り作業が必要です。


IMG_0411.jpg
説明書にもちゃんと書かれてます。
雨樋を削るまでは良いんですが、別パーツの雨樋を取り付けなければならないのは正直面倒です。
しかも別パーツからの雨樋の切り取り作業が意外と大変そう・・。
これなら初めからプラ棒を使ったほうが良さそう?


IMG_0428.jpg
最後にこのキットが"全鋼車は除く"仕様になった原因のブツ。
残念ながら3900系キットに付属の状態からの改善はされませんでした。
まぁ・・このお面では全鋼車は作れませんねぇ。
作るなら鉄コレ3700系のお面を拝借するしかなさそうです。(いずれやると思います。)

今回の3850系をもって名鉄旧型車シリーズはこれでひとまずは終了のようです。
以前お話していた際にはクロスポイントの真鍮キットのようなものではなく"ちゃんとした"3880系も?といった雰囲気がありましたが、ん~どうなるんでしょう?
個人的には3780系を望んでいるのですが・・。

3900系用台車(FS107・FS13)のレビューで書いていたFS13の方が車輪の転がりが悪いという内容を担当者の方にお伝えしたところ、鉄コレの車輪なら問題はないようです。
設計上では同じサイズでもFS107とFS13では樹脂の肉厚が異なるため、FS13の方が若干縮んでしまったのでないかとおっしゃってました。



3800系の塗装が少し進んだので、後日製作記事の続き(その10)をアップできると思います。


 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

リトルジャパン 名鉄3800系(ウインドシル撤去車)を作る その9

12日にBUMP OF CHICKENのライブ "2011-2012 TOUR「GOOD GLIDER TOUR」"に行ってきました。
いやぁ~"素晴らしい"の一言に尽きます。(過去最高のライブでした~)
Zepp Nagoyaの1Fだったため立ち見ではありましたが、ライブハウス独特の雰囲気があり、さらにかなり近くでメンバーが見れて非常に良い時間を過ごせました。(「ギルド」を歌ってくれたのは感動もの。。)
ちなみに今回のツアーチケット、一般発売では2秒で完売だったそうです。
6月には名古屋でのアリーナツアーが決定していますが行けるかどうか・・?
あ、18日発売の新曲「グッドラック」はもちろん"予約して"買ってあります。(笑)



で、塗装作業2日目~。


IMG_1342.jpg
床板の塗装から。
クレオスの「赤褐色」と「サンディブラウン」で調色して、


IMG_0289.jpg
吹き付ける。


IMG_1364.jpg
次に連結面の貫通扉。
本来はダークグリーンを塗る前に行うべきですが・・・完全に忘れてました。(汗)
とりあえずマスキングして、


IMG_1367.jpg
車内色と同じクレオスの「畳色」を吹き付ける。


IMG_1377.jpg
マスキングテープを剥がしました。


屋根や床下機器を塗る前に、

IMG_1372.jpg
手持ちの在庫が切れていた台車(日車D型)の塗装準備を。
プライマーを筆塗りして、


IMG_1373.jpg
サーフェイサーを吹いて準備完了。(※画像はサーフェイサー吹き付け前)


IMG_1378.jpg
車体と、


IMG_1380.jpg
床板をマスキングして、


IMG_1382.jpg
クレオスの「ニュートラルグレー」を塗る。


IMG_1389.jpg
乾燥を待って、


IMG_1397.jpg
マスキングテープを剥がす。


IMG_1392.jpg
床下機器。


IMG_1393.jpg
台車。


IMG_1398.jpg
ベンチレーターはクレオスの「明灰白色1」を。


IMG_1385.jpg
手持ちの資料をよく見ながらクレオスの「キャラクタブルー」・「ブラック」・「暗緑色(中島系)」の3色で調色して、


IMG_1388.jpg
イスを塗装。



塗装作業はまだまだ続きます~。



 ↓1クリックして頂けると励みになります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

羽黒駅

Author:羽黒駅
愛知県在住で某国立大学を卒業後、この春から社会人となる。
鉄道で興味あるのは何故か地元を走る名鉄だけで、取り扱っている鉄道模型も名鉄車両がほとんど。
名鉄の中でも特に興味があるのは昭和の時代を走った旧型車。

野球は大の阪神タイガースファンで、年に2~3回はナゴヤドームへ観戦に行く。
音楽鑑賞も趣味の一つで、好きなアーティストは「スキマスイッチ」「BUMP OF CHICKEN」「Mr.Children」「スピッツ」「Every Little Thing」「いきものがかり」など。
ロック好きな友人の影響でその他いろんな音楽を聴いており、ライブも年に数回は行く。

愛車は「マツダ アクセラスポーツ」。
車を持つようになってから車にも興味を持つようになり、今後いろいろイジッていく予定。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。